menu   profile   contact

2013-2014年越し 沖縄<8> 最終日

2014/1/3

***  8日目  ***

【移動】石垣島→成田→仙台

今回の旅、最終日です。
帰りたくないなぁ。

フクシマは、羽田に飛ぶ朝の便で福島県に帰るため、早朝にお宿を出発したようです。
お見送りする気持ちはあったのですが、それを実行できるかどうかは別次元の話。

眠気に負けて、目覚めた時には既にフクシマが出発した後でした。
バイバイ、フクシマ!

残った四人は夕方の便で石垣島を発つ予定なので、個々に過ごして15:00に石垣空港に集合。
協調性が無いので、最後まで別行動です。

お宿のチェックアウトは私が最後でした。
手続きをしにフロントへ行った時には、既にみんなが預けた荷物がロビーに置いてあるのみ。

さて、何をして過ごそう?


四時間以上自由にできるので、お宿の近くにあるレンタカー屋さんに飛び込んでみました。
が、撃沈。

年始の旅行シーズンということもあり、予約で満車だそうで借りることができませんでした。
諦めきれずに他のレンタカー屋さんにも電話で問い合わせをしてみましたが、そちらも同様。

仕方がないので、お散歩がてらランチへ。


cafe&bar PUFF PUFF

「PUFF PUFF」と書いて「プカプカ」と読む、海を望む素敵なカフェです。

もうちょっとお天気が良ければ言うことなしですが、それでも開放感たっぷりで気持ち良い。

ランチタイムはハーフビュッフェとなっており、サラダやデザートを選ぶことができます。

メイン料理は、石垣牛のキーマカレー。
旅先では、どうして無性にカレーを食べたくなってしまうんでしょうね。

大満足でいただきました。


開放感たっぷりのテラス席が居心地良くて、ついつい長居をしてしまいます。

額縁に飾ってあるかのような眺めは、いくら見ていても見飽きることがありませんでした。


食後はぷらぷら歩いて石垣の町を散策しながら『ユーグレナモール』でお土産を物色したり、『新栄公園』でぼんやり休憩をしたり。

何をするでもなく石垣の街をぷらぷら散策して過ごし、バスに乗って石垣空港へ向かいます。
帰りたくないなぁ。

石垣空港に到着すると、既に相方/ミナミ/トチギの三人が集合していました。
楽しかった沖縄旅を振り返りながら時間を過ごし、成田空港行きのスカイマークに搭乗です。


バイバイ、石垣!

当然、全員が窓側の席を死守です。
四人が縦並びのおかしな図。

楽しかったなぁ。

帰りたくないなぁ。

感傷に耽りながら眺める機上の夕焼けが、とても綺麗でした。

なんて言っているうちに眠りに落ちて、目覚めれば成田空港に到着。

謎にEXILEを気取る三人の写真を撮り、栃木県へ帰るトチギとはここでお別れです。


バイバイ、トチギ!

宮城県へ帰る私と相方&ミナミは、ここから更に夜行バスに乗り、仙台へと帰路が続きます。

バスに乗り込み、クレンジングシートでひたすら化粧をオフして、そそくさと就寝の準備。
夜行バスは三列シートだし、ノンストップだし、爆睡だし、難なく快適に過ごせました。

ただいま、仙台!

早朝05:00、気温は氷点下2度。
凍える過酷な終着でした。

暖かかった沖縄が恋しい。

バイバイ、相方&ミナミ!

からの。
ただいま、旦那!

迎えに来てくれた旦那の車に乗り込み帰宅し、8日間の年末年始沖縄旅が終わりました。

今回も楽しくて、充実の毎日でした。
また楽しく旅をしたいので、日々がんばって働き、稼ごうと思います。

と思った矢先。
旅から帰宅した途端、休む間もなく、甥っ子&姪っ子の総勢五人にカツアゲをされました。

「かこね、おかえりー!」の言葉と共に、
「お年玉ちょうだい!」の攻撃。

お年玉催促モンスターの群れが現れた!
モンスターたちはお年玉ちょうだいを唱えた。
  たたかう
  逃げる
  ぼうぎょ
 ▶︎どうぐ/一人につき現金五千円を渡す

日々がんばって働き、稼ごうと思います。

***  2013-2014年越し 沖縄  ***
これにて終了です。

▼ 人気の旅行記

 
2017年10月沖縄/本島
南部~北部、本島を縦横断
お気に入りのお宿を網羅する
宿めぐりの旅!
 
石垣島、竹富島、西表島
星のや竹富島 & イダの浜、
満喫旅!
 
本島、石垣、波照間、竹富
日本最南端の島で過ごす
年末年始の旅!


TOP