menu   profile   contact

2014年12月沖縄/八重山<5> ホテルニラカナイ西表島2

2013/12/13 

*** 4日目 ***

【移動】 西表島終日滞在
【宿泊】 ホテルニラカナイ西表島

この日は『イダの浜で遊ぼう』というホテルの半日アクティビティに参加します。
・・・一人で。

相方はジャングル探検がしたいとのことで、昨年私が利用した『西表島 民宿マリウド』が主催する『サンガラの滝 マングローブカヌー&ジャングルトレッキング』にお出かけです。

お互い一人行動が平気なので、相方との旅は気を使うことがありません。

集合時間に遅れないよう、朝ごはんをいただきに早めにレストランへ向かいました。

和洋&沖縄料理が並ぶ朝食ビュッフェ。

時間が早く人もまばらなので、焦ることなくじっくりメニューを選ぶことができて嬉しい。

欲張ってあれもこれも取り分けてしまうのは、いつものことです。

イダの浜で遊ぼう

西表島には島の半分にしか道路がなく、西の終点に位置するのが白浜という地区。
そこから先は船でしか行くことのできない、奥西表と呼ばれるエリアです。

その奥西表に『イダの浜』という絶景ビーチがあるそうで、かねてから気になっていました。
ホテルアクティビティに参加して、念願の『イダの浜』へ向かいます。

ホテル敷地内のツアー基地から車に乗り込み、いざ出発!

車中では、ガイドさんが西表島の自然や文化に関して、面白おかしく案内をしてくれます。
途中、国の特別天然記念物に指定されている『カンムリワシ』にも遭遇できました。

残念ながら『イリオモテヤマネコ』には出会えませんでしたが。

ホテルから20分程走り、白浜地区に到着です。

ここから先は船でしか進むことが出来ないので、小さなチャーター船に乗り換え。

離島に向かう感覚になりますが、実際には入り組んだ西表島の南西に位置する『船浮集落』の方面を目指しています。

10分程船に揺られていると、正面に綺麗な浜が見えてきました。
ワクワクして、テンションが上がってきます。


イダの浜

海の透明度と美しさは西表島 NO.1とされる、爽快なビーチです。
私たちとガイドさんを降ろした船は、一旦戻って二時間後にまた迎えに来てくれるとのこと。

まずはベースとなる木陰のスペースへ。

秘密基地みたいで可愛い!

奥にはシャワーブースとトイレもあります。
野趣溢れる雰囲気なので、使用するのに少々勇気が必要ですが・・・。

さて。
シュノーケルセットを持って、いざ浜辺へ。

透明度!静けさ!絶景感!

午前の時間帯なので、ビーチには後方から影が差し込み、暑さが緩和されて過ごしやすかったです。

透明度が凄い。

私のぽんこつ水中カメラでは、いまいち綺麗さが伝わらないのですが・・・。

ルリスズメダイの群れが目立ちます。

鮮やかな青い色が可愛い。

こちらはミスジリュウキュウスズメダイ。
黒の三本線があるので「三筋」だそうです。

あ、クマドリモンガラ!

フォルムはムラサメモンガラに似ていますが、身体を彩っている柄と色が異なりますね。

ムラサメモンガラは産卵期になると攻撃的になり、近づいて来た人間に噛み付くそうです。
巣を守る為なので、踏み込んで行った人間の方が悪いっちゃ悪いのですが・・・

そのムラサメの上をいくのがクマドリ。
クマドリモンガラは、ムラサメモンガラよりも一層凶暴で喧嘩っ早いとのことです。

今は産卵期ではありませんが、近付かなければ噛まれることもないのでそっと離れました。

ひとしきり海の中を楽しみ、陸に上がります。

年季を感じるシャワーブースで恐々水浴びをして着替え、浜辺でのんびり。

ポップアップテントに篭って海を見ながら、

オリオン片手に、読書タイム!

なにこの贅沢時間。
至福すぎて読書に集中できません!

なのでお昼寝タイムにシフトチェンジします。

ウトウトして目が覚めたら、足もとでヤドカリが集会を開いていました。

あ、お迎えの船が来てしまいました・・・。


帰りたくないなー。

もっとずっとここに居たいなー。

後ろ髪を引かれながらも後にします。
ホテルに戻って、お部屋でお昼ごはん。

侘しくカップラで済ませました。
いいんです、一人だし。

食後は散策をしようと思い立ち、ホテルのレンタサイクルで周辺散策に出かけました。

罰金、高っ!

スピードを落としてのんびりと進みます。

浦内川

浦内川の河口にやってきました。
ホテルから自転車で15分程の距離。

この辺りから『ジャングルクルーズ』の船が出港しているようです。

周辺には展望台があり、小さく可愛いマングローブ林を見渡せます。
される。

干潟近くに降りていくと、小さなカニが沢山!

『シオマネキ』というカニのようで、片腕だけ大きなハサミをしているのがオス。

両腕とも小さいのがメスだそうです。

物音や振動がすると一斉に巣穴に潜り込み、

暫くするとまたそろそろと穴から出てきます。

その繰り返しが面白くて、しばらく一人で見入ってしまいました。

来た道を戻ります。
長閑だなぁ。

あ、アダンの実!

ホテルへ帰還して自転車を返した後は、そのままここを訪れてみました。

ジャングルブックカフェ

ホテルの敷地内にある、寛ぎスペースです。
もうその名前からして、ワクワクしますね。

エントランス前にある送迎車用のロータリーを渡ると、冒険心をくすぐる小道が。

進んだ先には、ジャングルの中とは思えないオシャレな空間が広がっています。

本やドリンクも用意されていて、気に入った場所で思い思いに過ごすことができそうですね。

でも、長居はしなくてもいいかな・・・。

雰囲気を楽しむにはもってこいなのですが、暑さや虫がしんどいので。


読書をするのなら、私はお部屋のデイベッドに寝転びながらが一番です。

なので、ここでのんびり。

至福の美ら時間を過ごす、昼下がりです。

本を読んでいるうちに、やっぱり寝落ち。

ジャングル探検から帰ってきた相方が、お部屋の鍵をガチャガチャする音で目が覚めました。

いつの間にか、もう夕方です。

早いなぁ。
夕暮れタイムを楽しんだ後は夜ごはん! 

ダイニングレストラン イリティダ

この日は、ホテル内のビュッフェレストランでいただきます。

沖縄料理や島の食材を使ったメニューが約50種類も並び、どれから食べようかとワクワク。

ひとまずオリオンビールでテンションを落ち着かせました。

セルフ盛り付けの『タコライス』・・・、
見た目が汚いですね。

『カマイ』という、琉球イノシシのステーキ。
硬そうなイメージでしたが、臭みもなく柔らかく、とても美味しかったです。

『島豚のしゃぶしゃぶ』も美味しい。
あれもこれもと食べ過ぎてしまいます。

『石垣牛ロールライス』は・・・、肉率低っ!
やっぱり石垣牛は高級品なんですね。

デザートコーナーには、大好きな『ブルーシール』のアイスもありました。

嬉しい!

キャラメルマキアートとシークヮーサーシャーベットをチョイス。
甘くて爽やかで美味しかったです。

この日は大潮だったとのことで、綺麗な満月が出ていました。

前夜も思いましたが、灯りの少ない島では月の光が本当に明るく感じられます。

4日目、就寝。

▼ 人気の旅行記

 
2017年10月沖縄/本島
南部~北部、本島を縦横断
お気に入りのお宿を網羅する
宿めぐりの旅!
 
石垣島、竹富島、西表島
星のや竹富島 & イダの浜、
満喫旅!
 
本島、石垣、波照間、竹富
日本最南端の島で過ごす
年末年始の旅!


TOP