menu   profile   contact

2017年3月与那国&宮古<4> soraniwa hotel and cafe

2017/3/20

***  2日目/後編  ***

【移動】与那国→宮古→伊良部
【宿泊】soraniwa hotel and cafe

バイバイ、与那国島!

空港を飛び立ってすぐ、つい先ほどまで居た『ダンヌ浜』がくっきりと眼下に見えました。

ただ座って過ごしているだけでとても癒される、素敵な場所だったなぁ。



与那国島から宮古島へ/空からの眺め

与那国島から宮古島への便は本来存在していないので、どんな航路を辿るのか興味津々です。

向かう先は北東にあたりますが、まずは東へ向かって飛んでいる様子。

雲間から、島が見えてきました。

この島形は、西表島!

以前訪れた『イダの浜』が見えています。
島を一周する道路が無い西表島なので、『イダの浜』に行くためには船で向かうしか手段がありません。

空から見るとこんな位置だったのかと、感慨深く見下ろしました。

続いて見えてきたのは、小浜島!

先月宿泊した『星野リゾート リゾナーレ小浜島』の界隈が綺麗に見えています。

先端に見える半島の左側が『星野リゾート リゾナーレ小浜島』で、右側が『はいむるぶし』。
楽しかったなぁ、小浜島。

そしてこちらは毎度訪れる、竹富島!

下側に『コンドイ浜』や『西桟橋』、上側に『アイヤル浜』が見えています。

こうして見下ろすと、高い箇所が無く平坦な島だということが改めてよく分かりますね。

更には大好きな、石垣島!

雲に隠れて全景は見えませんが、右下の見切れているところが『川平湾』です。
一旦降りて、立ち寄りたい・・・。

石垣空港を離発着する定期便は、島の東側を飛ぶのが一般的です。
島の西側方面から石垣島を見下ろすことができるのは、チャーター便の航路ならではかな?

ちょっと得した気分になりました。

石垣島を過ぎて10分程進むと、見えてきたのは綺麗な円形をした、多良間島!

いつか訪れてみたい島のひとつです。

海辺は砂地に囲まれた場所が多いようなので、どこからでも綺麗な海を堪能することができそうですね。

滑走路が見えるこの島は、下地島!

島の左側にギザギザと流れる場所があります。
これは川ではなく海峡だそうで、この海峡を挟んで右側が下地島、左側が伊良部島です。

今夜の宿泊は伊良部島に佇む小さなお宿。
待ってろ、伊良部島!

宮古島を北側から時計回りに回り込み、見えてきたのは、池間島!

宮古島と橋で繋がっています。
水色がより濃くて、綺麗な海が広がっているであろうことが空からでも一目瞭然ですね。

池間大橋もくっきりと見ることができました。
綺麗過ぎてうっとり。

与那国島から宮古島までの30分間、ひたすら窓に張り付いて景色を堪能してしまいました。

妖怪・窓に張り付き婆々ぁ!

宮古島への着陸態勢に入り、妖怪のテンションが更に上がります。

わくわく。

はいたい、宮古島!

ジンベエカラーのトーイングカーが迎えてくれました。

一応顔を伏せてしまいましたが、トーイングカーに乗るお二人の笑顔がめっちゃ素敵です。
ピースまでしてくれてサービス精神旺盛。


宮古島

沖縄本島と石垣島の間に位置し、本島から300km程/石垣島から130km程離れています。

周囲約120km・人口5万人強、沖縄では本島/西表島/石垣島に次いで4番目に大きな島。

前述の三島とは異なり珊瑚が隆起して出来た島なので、島内に大きな山や川が無いそうです。
ということは、珊瑚の隆起で形成された島としては、沖縄では一番大きな島ということ?

勾配の差は無さそうですが、広さを考えると徒歩や自転車で島内を移動するのは難しそう。

時間に余裕があれば路線バス、お金に余裕があればタクシーで移動という手段もあります。
が、時間にもお金にも余裕が無い私たちの島内移動手段は、レンタカーの一択。

まぁ、おそらくレンタカー利用が、一番多い島内移動の手段ですよね。


宮古島観光ツーリスト

本体は地元密着型の旅行会社で、レンタカー事業も併営している会社のようです。
お値段理由で、こちらを選びました。

出発の二週間前、楽天トラベルのスーパーセールで一台一日千円で売り出されていました。
二日間借りても二千円。

しかも免責補償料込の金額です。
即決で予約してしまいました。

宮古空港の到着口を出たところに、レンタカー屋さんのスタッフがお迎えに来てくれており、車に乗り込んで5分かからずに店舗まで移動。

とてもスムーズな流れです。
・・・ここまではね。


店舗に着いて免許証を提示し、諸々の手続きを完了したところ、

スタッフ「そちらで少々お待ちくださいねー」
かこね 「はーい」

待つこと5分。
まだ案内される気配はありません。

敷地内にあるコンパクトカーは、準備済みと思われる車一台と洗車中の車一台です。
待たされるってことは洗車中の車が私たちのかなぁ・・・と、思いながら待っていました。

更に待つこと5分。
まだ案内される気配はありません。

その間に、別のコンパクトカーが返却に戻ってきて、候補車が一台増えました。
戻ってきたばかりの車をそのまま貸出はしないよなぁ・・・と、思いながら待っていました。

再び待つこと5分。
まだ案内される気配はありません。

既に、トータルで15分待っています。
状況が変わらないまま待つことに耐えられなくなり、尋ねてみました。

かこね 「あとどれくらい待ちそうですか?」
スタッフ「あ、すみません!ご案内します。こちらの車をお使いください」

結果、ずっとここに停まっていた準備済みのコンパクトカーへ案内されたという謎・・・。
何のために待たされていたんだろう?

まぁ、なんくる。
気を取り直し、車に乗り込んで出発です。


伊良部大橋

宮古空港から車で15分。

宮古島側にある『橋の駅んみゃーち』に車を停めて、屋上から海と橋の絶景を眺めました。
・・・と書きたいところなのですが、屋上の開放時間は17:00までだったようで間に合わず。

只今の時刻は、17:05。
先ほどレンタカー屋さんで待たされた謎の15分が無ければ、間に合っていたはずなのに!

まぁ、なんくる。
屋上に上がらずとも、十分圧倒される眺め。

宮古島とお隣に佇む、伊良部島。
以前は船でしか渡ることが出来ませんでした。

2015年に『伊良部大橋』が開通し、今では手軽に行き来することが可能になった次第です。
『伊良部大橋』は全長3,540m、無料で渡れる橋としては日本一の長さを誇るとのこと。

この長さ、敢えてなのか偶然なのか、密かに語呂合わせになっているそうです。

3,540 =「サンゴのシマ」!

いざ、海を渡る珊瑚の島ドライブへ。

右を見ても、

左を見ても、

一面の宮古ブルー!

大きな船が橋の下を通ることが出来るよう、橋のトップは海面から30m離れているそうです。

そのトップに向かって、結構なアップダウン。

上りはまるで空に向かって走っているみたい。
下りはまるで海に向かってダイブするみたい。

伊良部大橋を渡り切り、爽快ドライブを満喫しました。

はいたい、伊良部!


伊良部島

周囲約26km、人口およそ6,000人。
手付かずの自然を残す、とても美しい島です。

船でしか渡れない頃は、一層長閑な時間が流れていたのかな。

その分、台風時や冬期の天候により船が欠航してしまうと、物資の運搬や通勤・通学に影響してしまうこともあったようです。

また、万一の救急患者搬送を迅速化する為にも、伊良部大橋の完成は島にとって念願だったのでしょうね。

伊良部島へ入って時計回りに数分進み、今夜のお宿に到着しました。


  soraniwa hotel and cafe 
カフェを併設している、オシャレで小さなお宿です。

「side.A」と「side.B」の2棟が並んでいて、Aにはツインルーム2室&ダブルルーム1室。
キッチンが備わったコンドミニアムのBには、プライベートプール付き「sora」とファミリー向け「niwa」と名付けられた2室があります。

どのお部屋を選んでも、オーシャンビュー。

ラグジュアリーな雰囲気の「sora」も気になりましたが、予算の都合でAに宿泊しました。

併設のカフェでチェックイン。

大きな窓の向こうに緑のお庭が広がり、その向こうは海を望む贅沢で開放的な眺めです。

ウェルカムドリンクをいただき、お部屋へ。

一旦外へ出て建物脇の階段を上がりますが、この階段がまた素敵。

壁から一段一段の足場が飛び出ている形で、まるで空に向かって歩いているかのようです。

お部屋には無垢素材の調度品が備わり、とても居心地の良い空間でした。

そしてこの眺め。
青い海と、お庭の緑の景色に癒されます。
私たちが泊まった「side.A 」のお部屋はシャワーのみで、バスタブがありませんでした。

ですが、その代わりに「side.A」宿泊者のみが利用できる特権が、屋上のジャグジーバス!

一部屋毎に貸切で利用することができるので、私たちは夕焼けの時間に堪能しました。

オリオンビールを飲みながらね。

お風呂と夕日とオリオンビールの組み合わせだなんて、最強の美ら時間です。

幸せー。

夜も夜とて、星空を見上げながら屋上ジャグジーなんていうのも素敵そうですね。

海に沈んでいく太陽と一面オレンジ色に染まった空が、とても綺麗でした。

こんな癒される時間を堪能してしまうと、日常復帰するのが難しくなりそう・・・。

夜ごはんは「side.A」の一階にあるカフェスペースでいただきます。
お宿のオーナーご夫妻は、以前は東京でカフェを営んでいたそうです。

お料理が美味しいとの評判だったので、期待して席に着きました。

なにはともあれ、ひとまずオリオンビール。

夜ごはんは和食と洋食が日によって交互に出されるそうで、この日は和食。

左が島らっきょ、右がミミガーの和えもの。
真ん中は・・・、なんだか忘れてしまいました。

どれも伊良部島や宮古島の食材を使っているそうで、沖縄感溢れる逸品です。

右がスモークサーモンの島豆腐、真ん中がスーチカーの島豆腐。
左は・・・、なんだか忘れてしまいました。

どれも伊良部島や宮古島の食材を使っているそうで、沖縄感溢れる逸品です。

デジャヴ!

島で水揚げされた鮮魚のお刺身。

左がマグロ、真ん中がアカマチ。
右は・・・、言わずもがな!
なんだか忘れてしまいました。

島野菜の天ぷら。

左がオオタニワタリ、右が紅芋。
真ん中は・・・。

なんなの、この三種攻撃の連続。
どれも、3個全部を覚えていられない罠。

私の海馬に記憶できる情報は一度に2個まで!

アカマチと島野菜の蒸し物。

お刺身でもいただいたアカマチは、沖縄三大高級魚のひとつとされているようです。
一般的には、ハマダイと呼ばれるお魚ですね。
ふっくらとした白身はクセがなく甘みがあり、お刺身も蒸し物も、誠に美味しゅうございました。

とか、謎にマダム口調になってしまうくらい美味しかったです。

蒸し物はこちらのタレに付けていただきます。
タレというか、ソースなのかな?

沖縄では目にすることが多い「ハンダマ」で作ったとのことで、誠に美味しゅうございました。

メインは、宮古島!

先に言っておきます。
誠に美味しゅうございました!!!

ずっと口の中に居て欲しい美味しさ!

大概満腹ですが、ご飯と汁物もしっかりいただき、デザートまでコンプリートです。

誠に美味しゅうございました。

宮古島到着後に橋を渡って、まだ伊良部島へ移動しただけの滞在ですが、もう既に伊良部島が大好きになりました。

翌日は午後の便で仙台へ帰るので、時間が許す限り島ドライブを楽しむ予定です。


2日目、就寝。


▼ 人気の旅行記

 
2017年10月沖縄/本島
南部~北部、本島を縦横断
お気に入りのお宿を網羅する
宿めぐりの旅!
 
石垣島、竹富島、西表島
星のや竹富島 & イダの浜、
満喫旅!
 
本島、石垣、波照間、竹富
日本最南端の島で過ごす
年末年始の旅!


TOP