menu   profile   contact

2018年1月沖縄/久米島<2> FIRST STREET OKINAWA 国際通りテラス

2018/01/25

*** 1日目 ***
【移動】仙台→那覇
【宿泊】FIRST STREET OKINAWA 国際通りテラス


一週間前にギックリ腰になってしまった旦那。
立つことも歩くこともままならないので、一時は今回の旅行を中止することも考えました。

が。
出発の前日に「ブロック注射」なるものを打ち、平気で動き回ることができるように。
痛がっていた朝までが、まるで嘘のようです。
ブロック注射、スゴイ。

というわけで、今回の旅行。
中止することを中止しました。

つまり、決行!


空港に向かったものの・・・

予定通り沖縄へ行けることが嬉しくて、有頂天でマイカーに乗り込み仙台空港へ向かいます。

飛行機は11:50発の予定ですが、平日の朝なので渋滞を予想して09:00過ぎには自宅を出発。


no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 腰が痛いの治って 
 良かったねー! 


no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 そうだね・・・ 




no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 沖縄楽しみだねー! 


no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 そうだね・・・ 




no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 晴れるといいねー! 


no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 そうだね・・・ 



あれ?
私のはしゃぎ具合に比べて、旦那のテンションがやけに低すぎます。


no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 腰やっぱり痛いの? 


no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 腰は大丈夫っぽい 




no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 じゃぁ、頭痛? 


no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 うん、 
 めっちゃ頭が痛い 




no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 !!!!! 



前日も頭が痛いと言っていたんです、この人。
今日に備えて早めに寝たのですが、どうやら治るどころか悪化している様子。

このままじゃ、沖縄を楽しめないじゃん!

家を出て5分。

ひとまず運転を変わり、旦那には空港まで助手席で寝て過ごしてもらうことにしました。

頭痛が酷いのか、助手席で眉を顰める旦那。
一人で暇なので、運転席で『島んちゅぬ宝』を大熱唱する私。

かこね「♪ この空をぉぉ〜、イヤサーサーッ!
    教科書にぃぃ書いてあるぅぅ~、
    ことだk・・・」
旦那 「ごめん、ちょっと歌やめてくれる?」

あ、こちらこそごめん。
眉を顰めていたのは、どうやら頭痛のせいではなくて、私の歌のせいだったようです。

ひとまず沖縄気分を封印して、運転に集中。

車は毎度の「三英駐車場」に停めました。
割引券を使って一日500円なので、今回は四日間で2,000円。

我が家から仙台空港まで公共交通機関を利用すると一人往復2,000円前後 × 二人分のため、今回は駐車場利用が圧勝でお得です。


空港に着いたものの・・・

空港に着いても、旦那の頭痛は治らない様子。

朝ごはん抜きで家を出て、時間に余裕があるので、何か軽くお腹に入れることにします。
空腹が満たされれば、頭痛も柔らぐかも。

重いものはキツイと言うので、お蕎麦です。

が、旦那は数口食べた時点でギブでした。

旦那 「頭痛が酷くて食べる気になんない」
かこね「!!! 」

旦那の分も私が食べちゃいましたよね。
私は満腹でギブでした。

そしてかなり悩んだ末に・・・


no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 やっぱり、今回は 
 行くのやめよう? 


no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 大丈夫 




no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 我慢して行っても 
 きっとしんどいよ? 


no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 大丈夫 




no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 沖縄は、また 
 いつでも行けるよ?


no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 大丈夫 



なんなの、この頑固さ。

意地になっている訳ではなく、たぶん私の楽しみを中止にしない為に言ってくれているのでしょうけれど・・・。

でも、しんどそうな姿を見ているのも辛い!
そして本人はそれ以上に辛いはず!

かと言って、「大丈夫」一点張りの旦那。
無理に中止にすることも出来ず、ひとまず行く方向で搭乗時間を待ちました。

椅子に座って休んでいる旦那。

私はトイレに・・・行くふりをして、仙台空港のエアポートミュージアム「とぶっちゃ!」を一人で満喫します。

コックピットやビジネスクラスのシートなどが展示してあり、ワクワクするスペースです。

「とぶっちゃ」は、仙台弁ですね。
「飛ぶよ」という意味。

これに「だれー」という謎の間投詞を付けて、「とぶっちゃ、だれー」と言えば完璧です。


飛行機に搭乗したものの・・・

さて、搭乗時間になりました。


no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 どうする? 
 行けそう? 


no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 大丈夫 




no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 本当に大丈夫? 


no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 大丈夫 




no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 ファイナル 
    アンサー? 


no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 ・・・古っ! 



突っ込む余裕は出てきたようです。
大丈夫そう・・・、かな。

さらば、仙台!

ブランケットでしっかりと腰をガードした旦那は、飛び立つと同時に眠りに落ちた模様。
到着するまでに、少しはよくなりますように!

と願っているうちに私も眠りに落ちたようで、眼が覚めると、飛行機は着陸に向けて既に降下体勢に入っていました。

はいたい、那覇!


沖縄に到着したものの・・・

この日は、国際通り沿いのお宿に一泊します。

本来はゆいレールで移動して、夕方はやちむん通りでも散策しようかと思っていました。

が、旦那の体調を優先して、那覇空港からタクシーで国際通りへ向かい、お宿でゆっくり休むことにします。


  FIRST STREET OKINAWA
    国際通りテラス 

国際通りのど真ん中に位置するハウスホテル。
「ハウスホテル」とは聞きなれないカテゴリーですが、こちらのお宿独自の呼称なのかな。

「ホテルよりカジュアルに、ゲストハウスよりスタイリッシュに」というコンセプトの元、ビルのワンフロアにある全二部屋のホテルです。

昨年の二月に那覇を訪れた際に、この階段から宿泊客が降りてくるのを見かけてここがホテルだと知り、ずっと気になっていました。

ビルの一階は、お土産屋さんです。
階段を上がった二階は、飲食店。

その更に上の三階に、「FIRST STREET OKINAWA 国際通りテラス」があります。

二部屋あるうち、今回は国際通りに面したテラス付きの「ROOM-001」に泊まりました。
レセプションは無く、ホテルスタッフも常駐はしていません。

事前にキーナンバーを記載したメールが送られてくるので、当日は入口にあるロック装置にキーナンバーをプッシュして出入りします。

玄関から一歩中に入ると「GOAL」の文字が迎えてくれて、中はオッサレーな広々空間!

無機質な雰囲気ではあるものの、大きなソファーの座り心地が抜群で、想像以上に寛ぐことができました。

窓の向こうは、国際通り。

コンクリート壁の造りのお陰か、賑やかな雰囲気を味わいつつも、ざわついた喧騒は遮断されていて静かな空間です。

大きなベッドは、最高の寝心地でした。
そして、その奥にはジャグジーバス!

あちこちに非日常が溢れていて、テンションが上がります。


が、ハイテンションな私の後ろで、グッタリしているローテンションな旦那・・・。

そうだった、頭痛でしんどいんだったね。
浮かれて写真を撮りまくっていて、ごめん。

旦那 「夜までちょっと寝ててもいい?」
かこね「うん、どうぞ。」

只今の時間は、15:30過ぎ。

旦那が寝てしまったので、私はテラスから国際通りを見下ろしてぼーっと過ごしたり。

・・・欲を言えば、もう少しテラスが綺麗だったら良かったなぁ。

ソファーで寛いで、オリオンビールを片手に読書をしたり。

三時間程、毎度の美ら時間を過ごし、そろそろお腹が空いてきました。

かこね「ごはん、食べられそう?」
旦那 「うん、たぶん・・・」

朝から、お蕎麦を数口しか食べていない旦那。
少しは食べる元気が出てきたのかな。

国際通りにあるお宿を出て、ゆいレールの高架下を流れる久茂地川沿いのこちらのお店へ。


ひとひねり 離

沖縄の言葉で、「離」と書いて「ぱなり」と読みます。

前回の沖縄旅で旦那が那覇に一人で残った際、気になっていたお店だそうです。
訪れてみたものの満席で撃沈し、いつか行ってみようと思っていたとのこと。

外観からして趣があり素敵な佇まいで、店内は大きくもなく小さくもなく程良い広さです。

一階には、カウンター席の他にテーブル席が数卓と個室風のスペースがありました。
二階には、宴会用の広い席もあるようでした。

沖縄全島にある泡盛の酒造所は、全47ヶ所。

このお店は、その全部を取り揃えていました。
メニューを見ているだけで、なんだか沖縄を周遊しているような気分になって楽しめます。

「泡波」の値段のずば抜け感!!!

「ニコニコ太郎」の名付けセンス!!!

ちょいちょい気になるものの、泡盛が苦手な私たちはオリオン生で安定のあっり乾杯! 


メニューには沖縄料理の数々が並んでいます。

いつもなら競うようにしてあれもこれも注文してしまうのですが、今日は旦那の体調不良を考慮して、厳選した数品を注文しました。

まずは、海ぶどう!
ぷちぷち感が強く、とても新鮮でした。

かこね「もぐもぐもぐ、めっちゃ旨い!」
旦那 「・・・うん」

続いて、あぐー豚の餃子!
肉肉しくて、とてもジューシーです。

かこね「もぐもぐもぐ、めっちゃ旨い!」
旦那 「・・・うん」

更には、麩チャンプルー!
フカフカの麩&シャキシャキのモヤシ。
この食感が堪りません。

かこね「もぐもぐもぐ、めっちゃ旨い!」
旦那 「・・・うん」

あれ?
どうも旦那のテンションが低すぎます。

いつもであれば「めっちゃ旨い!」の台詞は、私ではなく旦那の専売特許なのに。


no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 まだ頭痛い? 


no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 うん、痛い・・・ 
 ごめん 




no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 帰って休もうか? 


no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 うん、そうしたい  
 ほんとごめん 



どうやら、頭痛は治まるどころか酷くなってしまったようです。

二人でワイワイしながら、「めっちゃ旨い!」を連発して賑やかに過ごしたかったな。
・・・というのが本音ですが、そんな気になれる体調ではない様子。

無理をしても仕方がないので、ホテルへ帰ることにしました。

お店の方に事情を告げて謝ったところ、火を通した料理であればテイクアウトをしてくれるとのこと。

餃子もチャンプルーも数口しか箸を付けていなかったので、とても有り難いです。
食べる元気が出てきたら、いただきます。

滞在時間は30分弱でしたが、「ひとひねり離」はとても素敵な雰囲気のお店でした。
お店の方のお人柄も良かったです。

今度は体調が万全な時に、また訪れたいな。


ホテルに帰ってきたものの・・・

お店とホテルは300mの距離。
歩いて5分もかかりません。
が、その距離を歩くのもしんどそうな旦那。

念願のお店だったのにこんな体調で訪れることになってしまい、満喫できずに可愛いそうに。
ホテルに戻り、そのままベッドに潜り込んでしまいました。

取り残された私は、一人で夜の国際通りに繰り出します。

オサレな琉球バーで一杯といきたいところですが、ここは我慢をしてコンビニへ。

冷たいお水と冷えピタシートとブルーシールのアイスを購入しました。

これ全部、寝ている旦那の為です。
なんて献身的!

なんだか悔しいので、レジに向かう直前でオリオンを数缶、カゴに滑り込ませました。
ホテルに戻って、オリオンを飲みながら一人でぐうたらします。

でも暇だなー。
そして食べ足りないなー。
だって私は健康体だもんなー。
お店で食べた数口だけでは満たされないなー。

というわけで。
テイクアウトしたお料理をいただきます。


そうそう、このホテル。
お部屋にミニキッチンが備わっているんです。

IHクッキングヒーターもあり、ちょっとしたものなら難なくお料理ができる環境で便利。

連泊をして、一泊は那覇の街で、もう一泊はお部屋でお料理なんていう夜ごはんも楽しいでしょうね。

お腹が満たされた後は、ジャグジーを堪能。
手足を伸ばして大きな湯船に浸かり、優雅な気分でジャグジーの泡々に包まれました。

気持ち良い!

バスルームはベッドスペースと隣接していますが、ブラインドがあるので複数人で宿泊する際も人の目を気にせず楽しむことができます。

今回は旦那はグッスリ眠っていたので、ブラインド全開で堪能してしまいました。

お料理はとても美味しかったんだけどな。
ソファーもジャグジーも良かったんだけどな。
湯冷ましにテラスへ出て、国際通りを眺めながら飲むオリオンも美味しかったんだけどな。

どれも一人じゃ、やっぱり寂しかったです。

明日は久米島へ移動する予定。
どうなることやら・・・。

この後に起き出してきた旦那は、勝手にアイスを食べる元気だけはあったようですが。

頭痛、治りますように!

1日目、就寝。

▼ 人気の旅行記

 
2017年10月沖縄/本島
南部~北部、本島を縦横断
お気に入りのお宿を網羅する
宿めぐりの旅!
 
石垣島、竹富島、西表島
星のや竹富島 & イダの浜、
満喫旅!
 
本島、石垣、波照間、竹富
日本最南端の島で過ごす
年末年始の旅!


TOP