menu   profile   contact

2018年1月沖縄/久米島<4> サイプレスリゾート久米島2

2018/01/27

*** 3日目 ***
【移動】久米島終日滞在
【宿泊】サイプレスリゾート久米島

珠美の島で迎えた朝。
今日も今日とて、起き抜け一番で気になったのは旦那の体調です。



no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 おはよう 
 頭痛どう? 


no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 おはよう 
 まだよく分かんない 



・・・昨日と同じ答えが返ってきました。
昨日は大丈夫だったし、今日も大丈夫かな。

お食事が美味しいと評判のホテルなので、期待をして朝食会場のレストランへ向かいます。

宿泊客は然程多くはないようで、広いレストランは空いており、好きな席を選び放題でした。
海の見える窓側の席をキープ。

和洋に加えて沖縄料理も並ぶ、わくわくするラインナップです。
バイキングのお食事は、どうしても欲張ってあれもこれもお皿に盛ってしまう・・・。



no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 もぐもぐもぐ 
 美味しい! 


no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 ・・・ 



あれ?旦那の食が進んでいません。


no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 ものすごく
 頭が痛い・・・ 


no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 !!! 



昨日はドライブをして夜ごはんを楽しめるくらい治ってきていたというのに、ここにきてまたもや頭痛が再発したようです。



no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 しんどい? 


no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 うん、ごめん 
 しんどい・・・ 



no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 ごはんも無理そう? 


no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 うん、ごめん 
 食べられない・・・ 



これは重症!
ホテルの朝食が謎に大好きな人なのに・・・。


私が食べ終わるのを待っているという旦那ですが、ただ椅子に座っているだけでもキツそう。
スタッフに事情を話して謝り、お食事を切り上げてお部屋へ戻りました。

予定では、朝食後に『はての浜』へ向かうつもりだったのですが、お部屋に戻るなりベッドに横になってしまった旦那。

とても出かけられる体調では無いようです。

私が『はての浜』を楽しみにしていたことを知っている旦那は、折角だから一人でも行っておいでと言いますが・・・。

楽しみにしていたのは事実ですが、旦那と一緒に行くのを楽しみにしていたんですよね。
分かってないなぁ。

残念ですが、予約していた『はての浜』行きツアーの船会社に電話をして、キャンセルを申し出ました。

電話をしている私の横で「行ってくればいいのに・・・」と呟きながら、申し訳なさそうにしょんぼりしている旦那。

電話を切った後も「あんなに楽しみにしてたんだから行ってきて欲しいのに・・・」とぼやいています。

分かるよ。
自分の頭痛の影響で、相手の楽しみが無くなってしまうのは辛いよね。

でも私が楽しみにしていたのは、旦那と一緒にはての浜に行くことなんだってば!

ただ単に一人で行きたい訳では無いし、体調不良の旦那を無理矢理引き連れて行きたい訳でもありません。



no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 行っておいで? 


no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 いいの、行かない 



no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 行ってきてよ? 


no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 いいの、行かない 



旦那の目には、私が意地を張って行かないと言っているように映っているみたい。
本気で行かなくて良いと思っているのにな。



no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 ごめんね 


no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 謝らなくていい! 



no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 あんなに楽しみに 
 してたのに・・・ 


no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 一緒に行けないなら 
 別にもういいの! 



あーあーあー。
喧嘩したい訳ではないのに、変な雰囲気になってきました。



no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 ごめん 
 怒んないでよ 


no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 怒ってない! 
 残念なだけ!



no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 残念なら 
 行っておいでよ? 


no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 行くか行かないかは 
 自分で決めるから 
 放っといて! 



趣旨がよく分からない言い合いになり、最後にはため息をつきながら布団にくるまってしまった旦那。

私はといえば、抱いている感情を上手く伝えられず怒っているようになってしまい、なんだか泣けてきました。

そのことが悲しくて更に泣けてくる。
一度泣けてくると、どんどん涙が出てきます。

泣いているのが嫌で、私もベッドに潜り込み、布団の中にティッシュを持ち込んでひたすら涙と鼻水を拭きました。

あっという間にゴミ箱がティッシュの屑でいっぱいに。

なんだこれ。
沖縄の離島にまで来て泣きながら布団に篭るとか、何このアラフォー。

と、そこでお部屋のドアをノックする音が!


「すみませーん!      
お部屋のお掃除にきましたー」


ホテルの清掃スタッフです。
お部屋にあげられる雰囲気でもないので断ろうとしましたが・・・

やっぱりタオルは変えてもらいたい!
あと、鼻水と涙を拭き過ぎてティッシュが底を尽きそう!

かこね「すみません。お掃除はしなくて大丈夫なので、タオルの交換とアメニティーの補充だけお願いします」

スタッフがお部屋に入ってきました。

想像してください。

頭痛の旦那に配慮して、昼間からカーテンを引き、電気を点けていない薄暗いお部屋。
ゴミ箱から溢れている使用済みのティッシュ。

かたや、泣きはらした目の私。
かたや、ミノムシのように布団にくるまったまま微動だにしない旦那。

スタッフの目にはどんな状況に映ったかな?
謎の状況に、恥ずかしさと申し訳なさでいっぱいです。

横になっていると頭痛はだいぶ緩和するようで、旦那はそのまま寝て午前を過ごしました。

私はソファーで読書に勤しみます。

オリオンビールを片手にね!

これはこれで美ら時間かなぁ。

今回の沖縄旅は初日からこんな時間ばっかり。
お陰で、持参した本を読了してしまいました。


お昼になっても、旦那の頭痛は治らない様子。



no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 お昼ごはん・・・  
 無理っぽいよね? 


no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 うん、ごめん 
 いらないや 


no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 ・・・ 



お昼ごはんも無理かぁ・・・。
相当しんどいんでしょうね。




no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 やっぱ午後からでも 
 行ってきたら? 


no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 だーかーらー! 
 いいんだってば! 



no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 行ってきて 
 話聞かせてよ? 


no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 いいの 
 行かない! 



またもや喧嘩のようになってしまいます。

そしてまた謎に泣けてくる・・・。
せっかく補充してもらったティッシュを消費。

そのまま泣き疲れて寝てしまいました。

目が覚めたのは夕方。
今日は朝食会場に行った以外は、ずっとお部屋で過ごす一日になっちゃったなぁ。



no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 夜ごはん・・・  
 無理っぽいよね? 


no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 うん、ごめん 
 いらないや 


no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 ・・・ 



またもや泣きそうになるので、レンタカーのキーを持ってお部屋を出ました。

お腹が空いたし、何か食べよう。
だって私は健康体だから!

ホテルの売店を覗いてみましたが、食指が動くものがありません。
代わりにシーサーを買ってみました。

親シーサーの頭の上に、子シーサー!可愛い!

でもこれでは空腹が満たされないので、ホテルのレストランを覗いてみます。
が、旦那をお部屋に置いて、一人でレストランに入る気にはなれず。

結局レンタカーで外へ繰り出し、コンビニごはんとすることにしました。

コンビニの駐車場に着くとなんだか悲しくなってきて、仙台に居る友人に泣きながら電話をかけて話を聞いてもらったことは内緒。
電話を終えたら、気分がさっぱりしました。

仕方がないので旦那の分の食べ物と飲み物も調達して、ホテルへ戻ります。

運転しながら「涙そうそう」を大声で歌って、ストレス発散をしたことは内緒。
すっきりした気持ちでお部屋に戻ることができました。

少しでも沖縄気分に浸りたくて、ポーク玉子おにぎりと海ぶどうの夜ごはん。

丸一日横になっていた旦那も起き出してきて、私が買ってきたゼリーを口にしています。
食べる元気が出てきたのなら、何より。

それにしてもギックリ腰に続いて、今度は頭痛に振り回されるとは。
と思いながらスマホで何気なく検索していたところ・・・


「ギックリ腰」
   ↓
「ブロック注射」
   ↓
副作用
   ↓
「翌日 頭痛がおこる ことがあります」


それな!!!


「起立性頭痛」といって、体が横になった状態では症状が緩和するものの、立った状態や座った状態で激しい頭痛の症状が出るそうです。
しかもそれが数日続くとのこと。



やっぱそれな!!!


必ず起こる副作用ではなく、むしろ起こらないことの方が多いようですが、引き当ててしまったみたいですね。
可哀想に。

横になっていると少しは楽なようなので、旦那はそのままふて寝してしまいました。

私はホテルの大浴場へ。

「大浴場」と呼ぶほど大きくはありませんが、他に利用者が居なくて悠々と寛げました。
シュワシュワした炭酸泉の泉質で、血行促進や神経痛・肩こり、疲労回復や美肌に効果があるそうです。

足を伸ばしてゆっくりお湯に浸かるだけで、とてもリラックスできました。

ホテルから出ず何もしない一日になってしまいましたが、たまにならこれもアリかなぁ。

ほんと、たまにならね。

3日目、就寝。

▼ 人気の旅行記

 
2017年10月沖縄/本島
南部~北部、本島を縦横断
お気に入りのお宿を網羅する
宿めぐりの旅!
 
石垣島、竹富島、西表島
星のや竹富島 & イダの浜、
満喫旅!
 
本島、石垣、波照間、竹富
日本最南端の島で過ごす
年末年始の旅!


TOP