menu   profile   contact

2018年11月沖縄/宮古島<2>またたびや

2018/11/11

*** 2日目 ***
【移動】宮古島/来間島
【宿泊】またたびや

 

昨日は日が沈む頃にホテルへ到着したので、屋上にある展望テラスを堪能できませんでした。

「サンセットテラス」と名付けられているものの、高い建物が少ない宮古島なので、きっと朝日も望めるはず!

この時期の日の出は07:00ちょっと前なので、早起きせずとも朝日の時間に間に合います。

ならば!
まだ寝ている旦那を置いて、屋上へ。



ホテルローカスのサンセットテラス

他に人はおらず、独り占め。
向こうの空が明るくなってきました。

そろそろ日の出の時間かな?

でも下の方に黒い雲があり、綺麗な朝日は期待できないみたいです。

あ、雲の向こうにちょっと出てきた!

雲が多いものの、朝の静かで澄んだ空気がとて気持ちの良い時間。

振り返ると、朝の伊良部島と伊良部大橋を眺めることができます。

日の入りの方向なので、夕方には橋越しに綺麗な夕焼けと夕日を望めるんでしょうね。

しばらく一人でぼんやり過ごしていると、一人のおじさんが屋上にやってきました。

「おはようございます」と声をかけてみたところ、おじさんから返ってきたのは中国語。

笑顔でなにやら話しかけてきてくれているのですが、いかんせん一切理解できません。

私が知っている中国語といえば『ウォーヤオピージュー(ビールをください)』くらいだし。

ここは、忍法へらへらの術で切り抜けます。

何を言っているのか全くわかりませんが、とりあえずへらへら笑って誤魔化す。

すると、言葉が通じていると思ったのか、おじさんてば自分のスマホを掲げてきました。


no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 写真を撮って
 欲しいのかな? 



そう思ってスマホを受け取ろうとすると、顔をしかめて違う違う!というジェスチャー。

なんなの、分かんない。

困っていると、おじさんてば私を指差し、その後に自分のスマホを指差します。


no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 私が被写体に
 なれってこと? 



そう思って私も自分を指差すと、うんうん!と嬉しそうに首を縦に振っています。


no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 えー、嫌だ 




寝間着姿に寝起きのすっぴんだし。
そもそも知らない人のカメラに写りたくない。

とか思って渋ったところ、今度は空を指差した後にカメラを構えるポーズをしてきます。


no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 正面からじゃなく
 私がカメラで
 空を撮る姿を
 写したいのかな? 


なら、まぁいいか。

おじさんの要望に応え、レンズを空に向けて一眼のファインダーを覗き込み、カメラを構えるポーズをとってみました。

斜め後ろからは、スマホのカメラシャッター音がめっちゃ聞こえてきます。

連写か!

ひとしきり写真を撮ったおじさんは満足したようで「ありがとう、素敵なモデルのお陰でとても良い写真が撮れたよ」的な中国語の台詞と共に去って行きました。

・・・おじさんの台詞は、勿論私の妄想です。

なにやらお礼らしき雰囲気の言葉を話していましたが、分かりませんでした。

だって、私が知っている中国語といえば『ウォーヤオピージュー』だけだから!

なんだかんだ一時間近く屋上で過ごしました。
いつの間にか雲も晴れ、良い天気になりそう。





ダグズ・バーガー

ホテルローカスにはオシャレなレストランがあり、そこで朝食をいただくこともできます。

が、今回は朝食は付けず素泊まりにしました。

そして向かった先は、ダグズ・バーガー!

多良間牛のハンバーガーと宮古島産ツナステーキバーガーが大人気のお店です。

開店時間の11:00ちょっと前に着きましたが、既に数台の車が停まって開店を待っていました。

私はチーズバーガー。
そして、ポテト&シークワーサージュース。


旦那はツナステーキバーガー。
そして、オニオンリング&マンゴージュース。


どれもとても美味しく、夢中で食べました。

バーガーに刺さった飛行機のピンが可愛い。

ブランチの後は、同じビルの並びにあるダグズ・コーヒーで食後の一杯をテイクアウト。

コーヒーを飲みながら、のんびりと宮古島ドライブに繰り出します。

特に予定を決めずにぷらぷら走り、滑走路と並行する空港裏の道を通ったり、サトウキビに囲まれた長閑な一本道を走ったり。

気になる小道を、ずんずん進んでみたり。

目的無く進むドライブがとても楽しい。



西浜崎の穴場浜

脇道へ、脇道へ、と走っているうちに海の方へ辿り着き、更なる小道を進みます。

この先は行き止まりかも・・・と不安になりかけた頃、小道を抜けた先に誰もいない静かな浜辺が広がっていました。

与那覇湾の西側にあたる小さな半島が西浜崎。

ここは、その西浜崎の一端にある浜辺ですが、なんと呼ばれる場所なのかは分かりません。

私たち夫婦は、人が居ない綺麗な浜辺はどこでも「穴場浜」と呼ぶ習性があります。

なので、ここも穴場浜。

右手の方向には、伊良部大橋と伊良部島。

波もなく、静かで気持ち良い。

アダンの木が生え、蝶が飛び交っています。

ベニモンアゲハ。

シロオビアゲハ。



宮古島東急ホテルに寄り道

6日目に泊まる予定のホテルです。

今日は他のお宿に泊まりますが、お天気も良いし、通り道だったので立ち寄ってみました。

とかスマートに書きましたが、実は二人揃ってトイレに行きたくなったのでお邪魔しました。

ごめんなさい。

泊まる日に期待を込めつつ、ちょっとだけ敷地内をお散歩。

エントランスに設けられた水盤は、毎日お花が変わるんですって。

今日は、赤いハイビスカスを紫と白のお花が囲んでいるデザインでした。

紫と白のお花は、何ていう名前なのかな?

パッと見でお花の名前が出てくれば素敵なんでしょうけれど、残念ながら全く分からず。

向こうに広がる海の色の青さ!

ビーチまで降りて行きたい衝動に駆られましたが、数日後に泊まる際のお楽しみにして、散策はプール付近に留めます。

ホテルの真上を通過する飛行機。

綺麗なシルエットをしたガジュマルの木。

さっくり楽しんで、宮古島東急ホテル&リゾーツを後にします。

お邪魔しましたー。



与那覇前浜ビーチ

ここまで来たら、立ち寄るべくは『東洋一美しい』と言われる与那覇前浜ビーチ。

さらっさらの白い砂浜が7kmも続いています。

めっちゃ透明!
そして青のグラデーションが絶妙!

いつまででも眺めていられそうですね。

確かにこの美しさは東洋一かも。

何を以って一番なのかは分かりませんが、こういった言い回しは大好きです。

誰が言い出したのかなぁ。

世界ではなく東洋と括っちゃうあたり、大口叩きながらも謙虚だなぁ。

てことは、西洋にはここを超えるレベルの美しいビーチがあるんだろうなぁ。

とか、色々考え出してしまって楽しい。

この日の気温は27度で日差しも強く、暑いので海遊びも楽しめる気候でした。

が、海に入っている人はいません。

ビーチには人も疎らで、静かに満喫することができました。

夏場は大勢の人で賑わうのでしょうね。

駐車場はもちろん、トイレもシャワーも無料で利用することができます。

ビーチを望む食事処では、BBQを楽しむこともできるようです。

最高か!



竜宮城展望台

1995年に開通した全長1,690mの来間大橋を渡って、宮古島の向かいに浮かぶ来間島へ。

建物自体には若干違和感を覚える、三階建ての竜宮城展望台。

この俗っぽい外観に惑わされて見くびっていましたが、とんでもない絶景スポットでした。

シーサーが見守る入口から中へ入ると、緑の向こうに広がる青い海。

これは、渡ってきた来間大橋方面。

正面には先ほど立ち寄った宮古島東急ホテル。

更には、伊良部大橋方面。

これだけでも十分綺麗過ぎるのですが、ここはまだ一階です。

わくわくしながら二階へ上がると、小窓の向こうに広がる青い海。

なにこの小出しの演出。
絶景への期待が高まります。

旦那を二階に置き去りにして前のめり気味に三階へ上がると、絶景過ぎて絶叫。

三階へ上がった誰もが、
「わーっ!」
「すごい!!」
「綺麗ー!!!」
と、声をあげてしまう絶景具合です。

遅れて旦那も三階へ上がってきました。



no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 わーっ!
 すごい!!
 綺麗ー!!! 


ほらね。

どこを見ても、言葉に出来ない青の絶景が広がっています。

ここもまた、いつまででも見ていられそう。

タイミングが良かったのか他に人も居なく、二人でぼーっと海を眺めて過ごしました。

至福過ぎる。

先程立ち寄った宮古島東急ホテルの前辺りは、より一層淡く澄んだ水色をしています。

まるでそこだけ光が当たっているかのよう。

綺麗だなぁ。

夢中で海を眺めていると観光バスが到着したようで、旗を持った添乗員さんが率いる団体さんが上がってきました。

皆さん口々に「わーっ!」「すごい!!」「綺麗ー!!!」と声をあげています。

でしょでしょ!
すごいでしょ!
超絶景でしょ!

と、何故か自分の手柄のように心の中で語りかけ、展望台を後にしました。



来間島

宮古島の南西に位置する来間島は、周囲9km/人口200人に満たない長閑な島です。

家々が建つ集落を離れるとサトウキビ畑が広がり、ざわわな気分に浸れます。

小さな島をのんびりドライブしていると、なんだか良さそうな小道がありました。

勿論、進みます。



ムスヌン浜

小道を抜けた先には、数台の車を停めることができるスペースと小さな浜辺。

訪れた際は浜の名前が分からず、ずっと穴場浜と呼んでいました。

後から調べたところ「ムスヌン浜」という場所だったようです。

漢字では「虫払浜」と書くそうで、意味はそのまんま虫を払う浜。

旧暦2月に、豊年と害虫駆除を祈願する祭祀が毎年この浜で行われるんですって。

農作物につく病害虫を藁に包み、引き潮に乗せて島から海へ放つとのこと。

流す害虫を採ってくるのは酉年・卯年・亥年の島の男性と決まっているようです。

虫払いの儀自体は「アブシバレー」と呼ばれ、他の沖縄の地域でも行われていて、地域に依っては藁ではなくシャコ貝に入れた害虫を小舟に乗せて流すところもあるみたい。

車を停めた場所から海に向かって右側に、小さな浜辺が広がっていました。

他には誰も居なくて、とっても静か。
さすが穴場浜。

とても気持ちの良い場所です。

旦那がやけに静かに岩の下を覗き込んでいるなぁと思ったら、蟹を観察していました。

岩場に、蟹がうじゃうじゃいます。


 テレレレッテッテッテー   
  穴場浜は 蟹浜に 進化した!

この先は「穴場浜」改め、「蟹浜」と呼んでいました。

岩場を左側へ進んでいくと、少し開けた浜辺。


右側にあった浜よりも更にこじんまりしていて、よりいい感じです。

人の足跡はひとつもありません。

穴場中の穴場浜!

穴場浜じゃなくて蟹浜だけど。
そもそもムスヌン浜だけど。

あまりにいい感じだったので、岩場から穴場中の穴場浜へ降りてみました。

岩の下がちょっとしたスペースになっていて、秘密基地的です。

こういう雰囲気、大好き。

砂の感じを見ると、満潮の時間帯にはこの岩の下にも波が寄せてきそうですね。

穴場中の穴場浜から更に岩場を進むと、今度は広めの浜が広がっていました。

穴場浜キング。

こんな静かな場所で、海を眺めながら一日のんびり過ごしてみたいなぁ。

日差しが強いからポップアップテントに籠って、読書やお昼寝をして過ごしたい。

と優雅な想像をしてみましたが、ここにはトイレも無いし、一日中は無理かなぁ。

半日・・・、いっそ30分でもいいや。

ムスヌン浜はとても居心地が良く、結構長い時間をここで過ごしました。

今のところ、今回の旅で一番お気に入りの浜、暫定1位です。

そうそう。
穴場浜の後方には緑の草木が繁っているのですが、この草木の脇を歩くと、時々「バーンッ」という衝撃音がして葉っぱが揺れます。

なんだろう?と不思議だったのですが、よく見ると大きなバッタが跳ぶ音でした。

驚かせてごめんだけど、跳ぶ音と姿が面白くて無駄に歩いてしまいました。

なんかもう跳ぶっていうより、飛ぶ。
結構長い滞空時間で大きく飛びます。

面白かった。



AOSORAパーラー

さて、蟹浜を満喫し過ぎてノドが乾きました。

来間島にはいくつかのカフェがあり、どれも雰囲気が良さそうです。

その中から選んだのは、AOSORAパーラー。
可愛い外観と内装のスムージー屋さんです。

沖縄気分を味わえるたくさんのメニューがあり、迷ってしまう。

ハンモックが揺れるテラス席もありますが、日差しが強いので屋内の席で涼みます。

私は「ディープブルー」と名付けられたシークワーサー&アガベのスムージー。
アガベってテキーラの原料でしたっけ?

旦那は、紅イモスムージー。
宮古島産の紅イモと多良間島産の黒糖で作られているんですって。

メニューはワンサイズなのですが、ディープブルーの方が何故か大きめのカップ。


no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 俺の方が
 少ない・・・ 



私のスムージーもごきゅごきゅ飲んだくせに、自分のスムージーの小ささにぶつぶつ文句を言っています。

敷地内には二軒の雑貨屋さんもありました。

店内にあった宮古ブルーのやちむんシーサーに一目惚れ。

沖縄に訪れる度に毎回小さなシーサーを買っているので、今旅のシーサー候補です。

他のお店でもシーサーを見てみたいし、滞在中にまた来間島を訪れるだろし、とりあえず今は買わずにスルー。

もっとグッとくる他のシーサーに出会わなければ、後日またここに来て青いやちむんシーサーを買おうと決めました。

周辺をさっくりお散歩して、来間島を堪能。

赤ビスカス。

白ビスカス。

ピンクビスカス。

展望台が点在していて、どこからでも青い海を存分に見渡せます。

小さいけれど、魅力たっぷりの来間島でした。

そろそろ、15:00。

今日のお宿は15:30からチェックインできるので、早速お宿に向かいます。

お宿ステイが大好きなので、チェックインから翌日のチェックアウトまで、まるっとのんびり過ごしたい!



  またたびや
宮古島のサトウキビ畑に囲まれた、全4室の小さなお宿。

2016年にオープンした、ご夫婦二人で営むスモールホテルです。

到着すると、自然体でとても素敵なオーナーご夫婦が笑顔で迎えてくれました。

一階の右側にあるレセプション兼ダイニングで、マンゴーのウェルカムドリンクをいただきながらチェックインの手続きをします。

ここは、夕食の後にバーとして利用することもできるそう。

吹き抜けのエントランスを通り、階段を上がった二階が客室。

ダブルルームを利用しました。

室内は緑のテーマカラーで纏められています。

大きなベッドに大きな窓。

座り心地の良いソファーとお洒落な棚。

とっても落ち着く空間です。

この棚はオーナーさん自ら作ったんですって。

棚の中には屋号の「またたびや」にちなんだ本が並べてありました。

緑の壁もオーナーさんがペンキを塗ったそうで、とても暖かみを感じる室内です。

お風呂も素敵。
ここは是非、明るいうちに利用したい。

素敵なやちむんのお皿には、大好きな塩ちんすこうが置かれていました。
嬉しい。

私たちのお部屋はダブルベッドで緑のテーマカラーですが、他の三室のお部屋はツインベッドで、それぞれ赤・青・黄のテーマカラーに纏められているそうです。

全部のカラーに泊まってみたいな。

お部屋の外に出て階段を上がると、ハンモックと椅子が置かれた屋上テラス。

夕方になったら、ここで夕日観賞しようっと。

ひとまずお部屋で美ら時間を過ごします。

旦那はお昼寝。
私はオリオンビールを片手に読書。

旅先で過ごすこの時間が大好きです。

二時間くらいまったりと過ごしたかな?

外を見ると西日が差していたので、屋上へあがってみます。

眩しい!
でも嬉しい!

夕日を眺めながら飲む、至福のオリオン。

宮古島東急ホテル越しに日が沈むようです。

あ、飛行機。

機内の人たちもきっと綺麗な夕日を眺めているんだろうな。

だいぶ日が落ちてきました。

水平線近くにも雲がなく、綺麗な丸のまま沈みます。


日が沈んだ後も、少しずつ暮れる空を堪能。

ちょっと目を離すと、淡く変わっている空の色に見惚れました。

だんだん濃くなるグラデーションが綺麗。

オレンジ一色の夕焼け空も綺麗でしたが、日が沈んだ後のオレンジと暮れた空の紺色が混じり合う空も綺麗ですよね。


日没後の20分間や日の出前の20分間の空の色は、朝日や夕日そのものよりも好きかも。

さて、夜ごはんです。
今夜はお宿でいただきます。

わくわくしながら席に着いて、まずは一杯。

乾杯をしてオリオンビールを味わっている間に、お料理が運ばれてきました。

食材は出来る限り宮古島やその周辺の島々、沖縄産のものを使っているとのこと。

作り手が奥さん、サーブが旦那さんの担当のようです。

アグー豚の冷しゃぶサラダ。
お肉が柔らかく甘くて、めっちゃ旨い!

キハダマグロのゴマ油和え。
食べ応え抜群のマグロが、めっちゃ旨い!

うりずん豆の塩昆布。
癖のないうりずん豆が、めっちゃ旨い!

オクラと鰹節。
鰹節の風味が濃厚で、めっちゃ旨い!

島豆腐と海ぶどう。
これはもう言わずもがな、めっちゃ旨い!

やんばる鶏と冬瓜の煮込み。
どれも味が染み染みで、めっちゃ旨い!

フーチャンプルー。
ふわっふわのお麩が、めっちゃ旨い!

とうもろこしご飯ともずくのお吸い物。
甘みが広がったご飯が、めっちゃ旨い!

だいぶ満腹だったので、ご飯はちょっとだけ。

どのお料理も丁寧に作られているのがよく分かる美味しさで、がっつり完食です。

こういうお料理をさらっと作りこなせる腕が欲しいなぁ。
精進しよっと。

大満足で席を立ち、お部屋へ。
・・・の前に、屋上で星空観賞。


満天の星で、見応え十分でした。


が、なかなか上手に写せず・・・。
星を綺麗に撮れる腕とカメラと道具が欲しい。

しばらく星空を眺めて癒されます。

お部屋に戻るとヤモリが遊びに来ていました。

沖縄では「家守」と書いて「やーるー」と呼び、家の守り神として大切にしています。

小さな虫を食べてくれる、有り難い存在。
沖縄のどこへ行っても姿を見かけますね。


あくまでも爬虫類なので大好きとは思えませんが、沖縄病のフィルターがかかると、ヤモリにも親しみを感じてしまう不思議。

ヤモさんとか呼んでしまい、可愛く思えます。

が、旦那はヤモさんと対角の部屋の隅に避難。
ビビりめ。


no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 ヤモリ担当大臣 
 よろしく!


no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 はいはい
 合点承知!  



ヤモリの進行方向に私がタオルを構えて待ち伏せし、飛び込んできたところを捕獲して外に逃がす作戦です。

バイバイ、ヤモさん。

2日目、就寝。


 前へ  
かこねの沖縄旅行記
  次へ 

▼ 人気の旅行記

 
2017年10月沖縄/本島
南部~北部、本島を縦横断
お気に入りのお宿を網羅する
宿めぐりの旅!
 
石垣島、竹富島、西表島
星のや竹富島 & イダの浜、
満喫旅!
 
本島、石垣、波照間、竹富
日本最南端の島で過ごす
年末年始の旅!


TOP