menu   profile   contact

2018年11月沖縄/宮古島<4>Private house MIYAGAWA2

2018/11/13

*** 4日目 ***
【移動】宮古島/池間島/来間島
【宿泊】プライベートハウス ミヤガワ

 

今日は八重干瀬へシュノーケリングに行く日。

ずっと楽しみにしていて、出発前に予約をしていた唯一のアクティビティです。

08:50までに池間島の集合場所へ行かなくてはならないので、早起きをしました。

ちょうど朝焼けタイムだったので、思わずお宿の前に出て朝日を鑑賞します。

そろそろ日の出かな?

来た!

綺麗で神々しい。

けど、ちょっと雲が多いなぁ。
今日は曇りがちの一日になりそう。

朝日を浴びたお宿のエントランスも素敵です。

海に入ると意外と体力が消耗するので、張り切って朝ごはんを作りました。

三枚肉とアーサー入りの宮古そばに、オキハムのウィンナー&目玉焼き。

朝からちょっと食べ過ぎたかも・・・。
満腹気味で出発です。



ブルーフォレスト 

八重干瀬に行くには船しか手段が無いので、マリンツアーを利用します。

ツアー会社が沢山あって、どこを選べば良いのか迷ってしまいますよね。

今回は池間島発着のブルーフォレストを利用。

宮古島発着よりも船の移動時間が少なく、少人数制でスタッフが小分けで同行してくれるので、初心者でも安心して利用できました。

お宿から池間島までは30分程の距離。

集合場所の池間島漁港に到着です。
受付の手続きをして、説明を受けたら乗船。

私たちはシュノーケルの三点セットだけ持参していたので、ウェットスーツとマリンソックスはお借りしました。

今日の参加者は、シュノーケリングが私たちを含めて三組/ダイビングが二組です。

海の中では、各組に一人ずつスタッフが同行してくれました。

いざ、出港!

池間大橋の下を潜り、八重干瀬のポイントへ。
かなり波が高く、船は大揺れでした。

船長も「今日は波が高い」とひたすら呟いています。

波を越える度に上下に大きく揺れて、まるでジェットコースターに乗っているみたい。

私はこの浮遊感が大好きなので、へっちゃら!

20分程走ったかな?
ポイントに到着しました。

船長の呟きは「今日は波が高い」から「今日は透明度が凄い」に変わりました。

期待が高まり、わくわく。
ここで、一ヶ所目のシュノーケリングです。



八重干瀬でシュノーケリング

『八重干瀬』と書いて「やびじ」と読みます。

池間島の北の海域に位置する、周囲約25km/大小100ヶ所以上の環礁がある日本最大級のサンゴ礁群です。

海水の透明度が高く水深が浅いので、珊瑚やお魚を間近で鑑賞できる人気のマリンスポット。

沢山の環礁があり、各船はその日の天候や潮の満ち引きに合わせて、その都度ベストな場所へ向かいます。

何度訪れても楽しむことが出来ますね。

早速、海の中へ。

船長の言う通り、凄い透明度。
ずっと深くまで見通せます。

私のポンコツ水中カメラと写真の腕では、その素晴らしさを写しきれなくて残念。

お魚もたくさん泳いでいたのですが、見るのに夢中でなかなか写真に収められませんでした。

ブルーフォレストでは、スタッフが先導して各見所や泳いでいる魚を教えてくれます。

前述の通りスタッフは各組に付いてくれるので、それぞれのペースでゆったりめ。

また、長い紐を付けた浮輪を引っ張ってくれるので、参加者は楽ちんです。

好きなように動ける自由スタイルも大好きですが、今日のように波がある日は浮輪スタイルはとても助かりました。

それにしても、珊瑚の写真ばかりです。

お魚もたくさん見ることが出来たのですが、いかんせん見て戯れるのに夢中でほとんど写真に残していませんでした。

しかも、数少ないお魚写真はブレているものばかりで、写真を見ているだけで酔いそうな勢い・・・。

一ヶ所目のポイントは30分程。
船に戻り、次のポイントへ向かいます。



no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 なんか酔った 

 

no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 え? 

 

no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 波酔いした 

 

no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 え! 

 
 
 
船酔いは大丈夫だったのですが、シュノーケル中の波に酔ってしまったようです。

確かに、結構なうねりだったもんなぁ。

驚異の鈍感力とわんぱくな三半規管を誇る私は、全然へっちゃらだったんですが。

まぁ、旦那もそんなに繊細な神経は持ち合わせていないはずなんですけどね。

朝ごはんを食べ過ぎたことも、どうやら波酔いした原因のひとつみたい・・・。

可哀想に、ごめんよ。

旦那よりも食欲旺盛に朝ごはんを平らげた私は、全然へっちゃらだったんですが。

15分程走った先に船を付け、二ヶ所目のシュノーケリングです。

旦那はこのまま船で休んでいるというので、後半は私だけ海の中へ。

綺麗ですが、なんだかちょっと寂しいなぁ。
旦那と一緒だったらもっと綺麗に見えたかも。

とか思ったのは最初の数分。

やっぱり一人で見ても、綺麗なものは綺麗!
二ヶ所目のポイントも夢中で楽しみました。

泳ぎながら思っていたことは、ただひとつ。


アクションカメラが欲しい!
しかも、なんなら超広角の!


持参したのは安価な水中デジカメです。
もう5年くらい使っている物。

買った時点で型落ちしていた旧モデルで、その時点ではただ水中で使えれば良いくらいの気持ちで値段だけ見て購入したんだっけなぁ。

もっとありのままを残せるカメラが欲しい!

とか思いながら海の中を楽しむこと30分、二ヶ所目のポイントが終了しました。

この写真たち、カメラをおかしなモードに設定してしまっていたようで、随分緑がかって撮れてしまっています。

実際はもっと綺麗な青の世界でした。

写真はともあれ、八重干瀬の海は楽しかった!

船で待っていた旦那は、休憩して少しは酔いが治まってきたようです。

良かった、良かった。

シュノーケリング組が船に戻り、ダイビング組の戻りを待つこと5分。

戻ったダイビング組の会話に嫉妬しました。
「最後にウミガメを見れました!」ですって。

いいなぁーーーっ。
私もウミガメ見たかった。

と羨ましがる横で、旦那は私以上にウミガメに食いついています。



no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 ウミガメ見たい! 

 

no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 波酔いは
 大丈夫なの? 

 
 

no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 ウミガメが、 
 見たい!!! 

 

no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 ・・・今度ね 

 
 
 
 
再び池間大橋の下をくぐり、池間島へと戻ってきました。
 
参加したのは半日コースなので、ここで終了。

一日コースの場合は、お昼休憩をしてからまた海へ繰り出すようです。

ブルーフォレストのシャワールームは船着場から離れた場所にあり、スタッフと一緒に車で移動する仕様でした。

本来はこのままお昼を食べて池間島をドライブしようかと思っていましたが、酔いからの復活が不十分な旦那は休憩したいみたい。

このままお宿に帰ることにしました。

なので、私たちはシャワーは利用せず。

スタッフと他の参加者が移動したのを見計らって、水着から服へと着替えます。

更衣室が無いので、青空生着替え。

ちゃんと隠して着替えましたが、昼間っから外でノーパンになってパンツを履く行為が新鮮!



池間島ドライブ

お宿に帰って、ひとまずお風呂。

明るい草木を眺めながら堪能しました。

そしてその間に、旅前半分のお洗濯を。

こうした時間も日常感覚で過ごす旅を遂行できて、楽しかったです。

旦那は食欲が無く、このままお昼寝するというので、今日のランチは抜き。

私は再び池間島へ向かい、一人ドライブの午後を過ごすことにしました。

行ってきまーす!

が、秒で道を間違え、迷子になりました。
それもまた楽しいので、ナビは使いません。

太陽が向こうにあるので、南はあっち。
海が左側にあるので、東はあっち。

池間島は宮古島の北にあるので、海を左に太陽の反対方向へと進みます。

車も少なく、快適なドライブ。

一人なので、ご機嫌でBEGINを歌いながらね。

ある程度走ると、看板に池間島の文字が。

池間臭を嗅ぎ付けながら進み、池間大橋にたどり着くことが出来ました。

池間大橋の宮古島側にある展望スポット。

曇りがちだけど、とっても綺麗な海の色です。

でもなぁ、これは晴れた空の元で見たいかも。

池間大橋の袂まで歩いてみましたが、飛ばされそうなくらいの凄い強風です。

この風だったら、八重干瀬の波が高かったのも納得だなぁ。

橋周辺の海も波で海面が白く泡立っています。

長居はせずに、橋を渡って池間島を一周することにしました。

池間島に入り、時計回りに島を進みます。

ご機嫌で安室ちゃんを歌いながらね。

しばらく走ったところに駐車場があったので、車を停めて下りてみました。

ここは「イキヅービーチ」という浜辺で、左の岩は「ハート岩」と呼ばれているんですって。

ハート形に空いた穴の向こうに海が見えて、面白い眺め。

これは、駐車場から少し海側に進んだ小高い位置から撮ったもの。

砂の坂道を上がった右手に『撮影ポイント』と書かれた手作りの看板がありました。

もっと近くでハートを撮ろうと、浜辺へ。

あれ?
近付いたらハートじゃなくなっちゃいました。
これじゃハート岩じゃなくて、おにぎり岩!

調べたところ、干潮時に離れた高い場所から見下ろさないと、ハート形にならないそうです。

午後は逆光になってしまうので、午前中の方がハートの向こうに、より一層青い海を見ることが出来そうですね。

ハート岩があるイキヅービーチは、こじんまりとした気持ちの良い浜辺でした。

ハート岩を出発してご機嫌でHYを歌いながら進むと、またもや駐車場があったので途中下車。

今度もまた手作りの看板があり『 ビーチ』と、矢印付きで誘導してくれています。

ほんの少し歩いた先に『ビーチ入口』の看板。

雰囲気の良い小道の先に、チラッと青い海が見え隠れしています。

緑に囲まれた砂の道を歩いていくと、綺麗な海が広がっていました。

通称「池間ブロック」と呼ばれる「フナクスビーチ」という浜辺です。

入口にブロックがあるので、池間ブロック。

島内には、ロープで降りていく「池間ロープ」と呼ばれる浜辺もあるそう。

そこも行ってみたかったなぁ。

沖縄旅の際は、お宿以外はあまり行き先のことは調べずに出発します。

無計画に動いて行動し、後からそこがどんな場所だったのか調べることが多いので、見逃してしまうスポットもちらほら。

次の旅の目的が生まれるので、見逃しもまた嬉しいものなのですが。

ご機嫌でモンパチを歌いながら次に立ち寄ったのは、池間大橋の池間島側にある展望所。

お土産屋さんが数軒並んでいて、一番橋側に建つ「海美来」というお店の屋上から橋と海の絶景を望むことが出来ました。

自由に出入りして良いようなのですが、屋上に続く階段は一階にある食堂と売店の一番奥。

ビビリなので何か買わなくては行きにくく、シークワーサージュースを一本買って屋上へお邪魔しました。

ジュースは旦那へのお土産に。

高い位置から見渡す海は、本当に綺麗。

澄んだ淡い水色は見飽きることがなく、ひたすら海を眺めて過ごします。

そろそろ日が西に傾き始めました。

夕方には帰ると言って出てきたので、この辺りで池間島から宮古島へ戻ることに。

ご機嫌で夏川りみを歌いながらね。



来間島ドライブ(とんぼ返り)

お宿に帰ると、旦那がちょうどお昼寝から起きたところでした。



no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 池間島どうだった? 

 

no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 綺麗だったよ! 
 体調はどう? 



no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 回復した!
 腹減った! 




夕食にはまだ早いので、マンゴーパフェを食べに来間島へ行くことにします。

来間島にある「楽園の果実」というお店のパフェが美味しいと聞いていたので、行きたいと思っていたんです。

が、到着してみるとまさかの定休日。

出た!
旦那の暗黒パワー。

行こうとしたお店がお休みだったということがやたら多いんです、この人。

仕方がないのでお宿に戻って、早めの夜ごはんとすることに。

来間島、とんぼ返り!

途中で宮古島のドンキと沖縄ローカルスーパーのサンエーに寄り道してみました。

ドンキには沖縄のお菓子やお土産が多く並んでいて、ついつい買ってしまいます。

サンエーには宮古島や県産の食材が多く並んでいて、ついつい買ってしまいます。

結局、あれこれ買ってばかり。



no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 なんか居た!!! 

 

no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 何が居たー? 



no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 分かんないけど 
 なんか居た!!! 




サンエーの店先に、宮古島市のゆるキャラ『みーや』が居ました。

宮古島のイニシャルである「M」模様を帽子に描いた、5歳の男の子だそうです。

美しい海と波をイメージした髪型で、手にはマンゴーを持っているんですって。

あれ?でも持っていませんよね、マンゴー。



手作り沖縄料理の夜ごはん

お宿に帰って夜ごはん。
今日も今日とて自炊です。

昨日は焼くだけ&盛るだけのお食事だったので、今日はちゃんとお料理を頑張りました。

今夜も祝いのオリオンビールで、あっり乾杯!

前菜代わりに、島豆腐のカプレーゼ。

お花好きなオーナーさんが生花を活けてくれていたので、一日経って少々萎れてきたデンファレを見繕い、沖縄っぽく盛り付けてみました。

温かい一皿は、島豆腐の揚げ出しです。

豆腐率が高いけど気にしません。

冷たい一皿は、先程サンエーで購入した沖縄県産魚のお刺身盛り合わせ。

左から、赤マチ/イラブチャー/マグロです。

主食は、宮古牛を入れた宮古そばのペペロンチーノチャンプルー。

塩焼きそばを作ろうとしていたはずが、買い出した残り物をあれもこれも入れてピリ辛に仕上げた結果、ペペロンチーノチャンプルーになってしまった不思議。

どれもとっても美味しかったです。
自画自賛上等!



no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 めっちゃ旨い! 




旦那のこの台詞が聞けたので、満足。

旅先で作るお料理も楽しいものですね。
後片付けはやっぱり億劫ですが・・・。

デザートは、新垣のちんすこうアイス。

食後はまったり飲みつつ、沖縄ローカルのテレビ番組を楽しみながらゆんたくをして過ごしました。

病み上がりならぬ、波酔い上がりの旦那は、ビールではなく雪塩の宮古島サイダーです。

4日目、就寝。


 前へ  
かこねの沖縄旅行記
  次へ 

TOP