menu   profile   contact

2018年11月沖縄/宮古島<7>soraniwa hotel and cafe1

2018/11/16

*** 7日目 ***
【移動】宮古島/伊良部島
【宿泊】ソラニワホテル&カフェ

 
昨夜の星空鑑賞に続いて、ホテルの屋上にある『スターダストバルコニー』で朝焼け鑑賞。

平坦な宮古島ですし、宮古島東急ホテルの周りには高い建物が無いので、屋上から望む眺めは西の夕日だけでなく東の朝日も抜群!

朝焼け雲の間を、飛行機が飛んで行きます。

この飛行機、滞在中に毎朝見かけました。
日が昇る07:00ちょっと前に宮古島の南東から現れて、北西の方向へ消えていきます。

どこから来てどこへ向かう便なのかなぁ。

日が昇ってきました。
今日も綺麗です。

こんなに素敵な日の出を連日楽しめるなんて、本当に幸せ。

日の出が程良い時間なのも嬉しいな。



宮古島東急ホテルでのんびり

お部屋に戻って、うとうと二度寝します。

目覚めたら朝ごはん。

ホテル内の朝食会場は、ビュッフェと和食の二択でした。

和食も人気があるようで迷いましたが、夜ごはんをいただいたビュッフェレストラン『シャングリ・ラ』を選択。

折角なのでプールサイドの席にて、優雅なリゾート気分に浸ります。

席を確保する際は日差しが眩しくて影になる席を選んだのですが、お料理を取り分けて席に戻ると、太陽は雲に隠れてしまっていました。

残念。

しかもそのまま太陽は出てこず。

明るい日差しの下でいただきたかったなぁ。

レストラン隣のバーにある、貝殻で作られた大きなシャンデリアです。

約7,000枚の貝殻と琉球石灰岩で作られているんですって。

朝は開放的な雰囲気でしたが、夜のしっとりした雰囲気の中で南国カクテル等で一杯過ごすのも素敵そうですね。

食後はそのままビーチへ。

ビーチチェアに寝そべって、海を満喫します。

もう少し天気が良ければ言うことなしなのですが、それでも気持ちの良い、静かでのんびりとしたビーチタイムを過ごせました。

晴れた日は、ここで一日遊んでいられそう。

遊泳エリアは限られていますが、パラセーリングや水上スキー、グラスボート等のホテルアクティビティが充実しています。

今日の水盤は、赤いハイビスカスをランタナが取り囲む可愛いデザインでした。

屋上に寄り道して、海を俯瞰。

朝日に夕日、星空に海、いつ訪れても素敵な眺めを楽しめる万能バルコニーです。

私たちはコーラルウィングに宿泊していたのでコーラルのバルコニーを訪れましたが、お隣のオーシャンウィングにも同じように屋上バルコニーがあります。

どちらに泊まっていても、勿論いずれも訪れることが可能。

高さはコーラルの方が上なのでオーシャンの屋上は行きそびれましたが、そちらのバルコニーからの眺めも見ておけば良かったかも。

宮古島東急ホテルのチェックアウトは通常11:00ですが、東急ホテルの会員『コンフォートメンバーズ』に入会していると12:00までレイトチェックアウトが可能になります。

今年から入会無料になったようですよ。

宮古島だけでなく、国内外の東急ホテルズで活用できるのでオススメです!

レイトチェックアウトのサービスを利用して、時間までお部屋でのんびりしました。

旦那はベッドで、スマホを片手にごろごろ。
私はソファーで、読書をしながらごろごろ。

時々目を向ける窓の外に、青い海が広がっている環境がとても心地良い。

なんて贅沢な時間なんだろうなぁ・・・と、酔いしれて過ごしました。

さて、そろそろチェックアウトです。

宮古島東急ホテル&リゾーツは、あちこち移動せずにホテル完結で滞在できる、とても良いリゾートでした。

スタッフの方々は、大きなホテルらしい迅速で快適な対応ながらも、気取り過ぎることなくフレンドリーな印象。

外観やロゴマークに少し時代を感じるところですが、館内は勿論、敷地内はどこも清潔で気持ちの良い空間でした。

両親と一緒に訪れるのなら、ここが良いな。

子連れの宿泊客も多くいました。
家族旅行にもってこいのホテルだと思います。



メイクマン

出発して、立ち寄ったのは『メイクマン』。

本島をはじめ石垣島と宮古島に店舗を構える、沖縄のローカルホームセンターです。

旦那は、以前からメイクマンの存在が気になっていて「いつかは行かなきゃならない!」と、謎の使命感に燃えていました。

今日がその使命を果たす日です。

今回は日常感覚で過ごす旅がモットーなので。


no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 沖縄っぽい道具、 
 売ってるかなー? 



no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 あるといいねー 
 (棒読み) 



わくわく&キョロキョロしながら、店内をずんずん進む旦那。

どうして男性って、やたらホームセンターが好きなんでしょうね。


no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 何か道具買いたい 
 沖縄で買ったやつ! 
 と思いながら使うの 
 良くない? 



no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 そうねー、いいねー 
 (棒読み) 



が、買ったら持ち帰らなければならない。
持ち帰るのは、嵩張るし重い。

ということに気付いてくれたようで、見るに留まり結局旦那は何も買わずに退店しました。

私は無くなりかけていた日焼け止めを購入。
沖縄で買ったやつ!と思いながら使おうっと。



伊良部大橋

今日の宿泊先は、伊良部島に佇むホテル。
2015年に開通した伊良部大橋を渡ります。

長さは3,540m、「サンゴの島」に語呂合わせをしているとかいないとか。

無料で渡れる橋としては日本最長を誇ります。

渡る先の伊良部島は遥か遠く。

橋の下を船がくぐり抜けられるよう、一部が盛り上がっています。

そのアップダウンが、かっこいい。

もう少し天気が良ければなぁ。

本来は橋の両側に鮮明な青い海が広がっているはずなのですが、今日の天気は曇り。

天気の良かった2日前に渡った際、運転に甘んじてしまったことが悔やまれます。

親切ぶって旦那を助手席に座らせず、私が助手席を占拠して橋から眺める青い海と空を堪能しておけば良かったかも・・・。

それでも、爽快な橋ドライブでした。

右も左も、海!

橋を渡り切り、伊良部島へ。

そのまま牧山展望台へ向かいますが、途中に眺めの良いエリアを発見したので、車を停めて橋の全景を堪能します。

ズームして見ると、橋も車もおもちゃのように見えますね。



サシバ

高台に続くカーブを減速して走っていた時、前方からこちらに、何かが降下しながらもの凄い勢いで飛んできました。

その何かは、そのまま車の脇を通り抜け一瞬着地した後、また勢いよく浮上していきます。

秒の出来事で、さながらタッチ&ゴーの様。

一瞬でしたが、サシバのように見えました。

サシバは、タカ科の渡り鳥です。

毎年5〜10月に日本各地で繁殖をしてヒナを育てるサシバは、10月を過ぎると南下をして暖かな地帯で冬を越すのだそう。

面白いのは、その際の集合場所。

日本のあちこちでそれぞれ夏を過ごしたサシバたちですが、秋になると待ち合わせをして大きな群れになって南へ向かうんですって。

待ち合わせの場所は3箇所だそうで、愛知県の伊良湖/鹿児島県の佐多岬、最後の待ち合わせ場所が沖縄県の伊良部島。

中部地方から北や東の本州に居たサシバは伊良湖集合、中部地方よりも西や南の本州&九州に居たサシバは佐多岬集合。

それらが最終的に伊良部島で合流します。

そして更に南を目指すのだそう。

今は11月の中旬。

伊良部島に集合するのは10月だそうで、時期としては過ぎています。

一部だけ越冬地に渡らず先島諸島に留まる個体もいるらしいけれど、先程見たのはそれかな?

・・・それということにしておこう。



牧山展望台

伊良部島には展望台が点在していますが、まずは一番ポピュラーな牧山展望台です。

小高い地形のてっぺん、伊良部島で最も高い場所にそびえる大きく白い建物は、宮古島から伊良部島を望んだ際に何度も目にしました。

駐車場で車を降りて、一本道を数分歩きます。

途中、白鷺がいました。

近付いても逃げることなく、むしろ歩調を合わせて隣に並んで優雅に歩いています。

しばらく白鷺と戯れて過ごしましたが、目的は白鷺ではなく展望台。

我に返って白鷺とお別れしました。

サシバの姿を象った二階建ての牧山展望台。

中へ入ると、まず小窓の先に海が見えます。

先日訪れた来間島の竜宮城展望台と同様に、この小窓の小出し感ってわくわくしますね。

二階に上がると、開放的な空間から、対岸に宮古島を望む青い海を眺めることができました。

向かって左側。

向かって正面。

向かって右側。

曇り空でもこれだけ綺麗な海だということは、晴れた日は感動する眺めなんだろうなぁ。

晴れた日にまた来たい。

駐車場への帰路は来た道ではなく、周遊する散策路を進みました。

緑に囲まれた静かな歩道に、時々鳥や虫の声が聞こえ、気持ちの良い空間。

牧山展望台を出て海方面へ道を下ります。

対向車が来たら困っちゃうような細い道。

でもその先に海が広がっていて長閑です。

この道、昨年3月に訪れた際にも通りました。

その時に売地に出されていた一億円超えの土地は既に売れてしまったみたい。

売地の看板が無くなっています。
購入したのは、個人かな?企業かな?

伊良部大橋を望む絶景の立地なので、カフェかお宿が出来るのなら、是非訪れたいな。



伊良部島ドライブ

伊良部島の外周道路を、反時計回りにドライブすることにしました。

高さ25m、重さ3tのヤマトブー大岩。

こんなに大きいのに一枚岩なんですって。

島の言葉で、ブーは「入江」を意味します。
ヤマトは、大和=日の丸ですね。

以前は岩の一部に赤い日の丸模様が浮かび上がっていたそうで、大和の入江という意味で『ヤマトブー』と呼ばれるようになったとのこと。

こちらは、通称『亀岩』です。


no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 ウミガメ見たい!! 




亀岩を見て、旦那は『ウミガメ見たい願望』を思い出してしまったようです。

運が良ければ、池間大橋や来間大橋から泳いでいるウミガメを見ることもできるそうですが、今居る場所は伊良部島。

伊良部大橋は大き過ぎますし、確保された歩道が無いので、ウミガメウォッチは難しそう。

なにより今日は曇り空なので、見下ろす海の透明度が低くウミガメを見つけ難いだろうし。



no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 ほら見て! 
 宮古の言葉の 
 標語があるよー 



他の事に意識を向けさせて、ひとまず『ウミガメ見たい願望』から気を反らす作戦。


no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 どんぐり! 




気を反らすことは成功しましたが、旦那が食いついたのは標語よりも奥の壁に書いてある「どんぐり」でした。

伊良部島の東側に位置する、佐良浜の集落を走り抜けて進みます。

昔ながらの港町といった趣きの佐良浜は、カツオ漁が盛んなんですって。

港を囲む斜面に家々が建ち並んでいるので、坂の町といった印象です。

家と家の隙間に階段や路地が張り巡らさらており、どことなくノスタルジックな雰囲気。

島民ガイドさんと一緒に路地を散策して、集落のお宅にお邪魔してゆんたくをするといったお散歩企画も島で実施しているみたい。

楽しそうだなぁ。

外周道路の東側を北西に向かって進みます。

この辺りから木々を抜けた先が、三角点やイグアナ岩の絶景スポットかな?

と思いつつも、それらはスルー。

訪れたのは『フナウサギバナタ』です。

サシバを象った展望台の後ろ姿。

先程訪れた牧山展望台は、デフォルメされた白いサシバの姿でしたが、こちらはリアルサシバの展望台です。

階段を昇り、サシバのお尻からお邪魔します。

サシバのお腹から展望スペースに出ると、180°の絶景が広がっていました。

『フナウサギバナタ』とは、島の言葉で「船を見送る岬」という意味なんですって。

昔、島から旅立つ人や出兵者を、島民はこの場所に立って手を振り見送っていたのだそう。

見晴らし抜群の場所です。

少しずつ遠のいて小さくなっていく姿を見送るのは、いつまでも踏ん切りが付かず切なかったんじゃないかなぁ。


遊歩道があったので、進んでみます。

絶景が待っているかと期待した先は・・・

行きどまりでした。

道は続いているようなのですが、草木が鬱蒼と茂り過ぎていて、この先は断念。

来た道をトボトボと戻ります。

車で移動して立ち寄った東屋から、フナウサギバナタ周辺の全景を見渡せました。

こんなに切り立った崖の上だったんですね。

この辺りの海も、また綺麗です。

曇りがちですが、晴れていれば、もっとクリアな海を見渡せるんだろうなぁ。

ふとスマホを見ると圏外でした。

「圏外」の字面とか、久しぶりに見たかも。

海の綺麗さに見とれて転んで怪我をしたり、万一崖から落ちたりしても、電話で助けを呼ぶことが出来ませんね・・・。

更に先へ進み、伊良部島の北端に位置する『白鳥崎』にやってきました。

ゴツゴツした岩場に鮮やかな緑が広がります。

北風を受けて波が立つからか、結構な人数の方がサーフィンを楽しんでいました。

停まっている車は、ほぼ地元のナンバーです。

島で知られる波乗りスポットみたい。

この岩と岩の間にサンダルが並んでいたので、きっとここから海に出て行ったんだろうな。

周辺は東屋や遊歩道が整備されていて、晴れた日のちょっとしたお散歩コースにも良さそう。

「白鳥崎」から西に進んだ先にある「佐和田の浜」にやってきました。

海の上に大きな岩が点在しています。

東平安名崎でも同様の光景が見られましたが、これも1771年の明和の津波で打ち上げられたものとのこと。

これだけ大きな岩が打ち上げられるだなんて、大変な津波被害だったんだろうと、しみじみしている私の横で・・・


no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


佐・和・田・の、
  浜っ!!! 



伯方の塩」のCMのメロディーに乗せて、佐和田の浜を口ずさむ旦那がうるさい。

佐和田の浜を後にして進んだ先にあるこの小さな流れは、一丁前に海峡です。

こちら側が伊良部島で、向こう側が下地島。
もっと潮が満ちると海峡らしく見えるのかな?

可愛いマングローブが群生していました。



  soraniwa  hotel and cafe
ツイン2室とダブル1室の『side.A』。
コンドミニアム2室の『side.B』。

二つの棟を擁するスモールホテルです。


伊良部大橋が架かる前からオープンしており、伊良部島スモールホテルの先駆け的存在。

昨年の3月に一泊し、ホテルの雰囲気とお料理がとても気に入りました。

今回は、ここに2泊します。

併設するカフェでチェックインの手続き。

海は少し離れているものの、窓の向こうには緑も広がっていて開放的な眺めです。

空に続くような階段を昇った二階が客室。

今回はダブルルームに宿泊しました。

寝心地良いベッドに座り心地抜群のソファー。

海を望むテラスにはデッキチェアとテーブルが用意されていて、ここでぼーっと過ごす時間も素敵です。

海だけでなく、芝生が敷き詰められたお庭も綺麗で、和む眺め。

お庭の向こうは、他の方の土地なのかな?

以前はそこにも緑が広がっていましたが、今は草が刈られて土地が均されていました。

勝手なもので、緑のままであって欲しかったと思ってしまいます・・・。

テラスに出て私が景色を堪能している間に、旦那は既にお昼寝体勢。

のんびりするのが趣旨の旅なので構いませんが、ちょっと寝過ぎじゃないかな、この人。

いっそ寝病。

ですが、旦那がお昼寝をしている横で読書をしながら一人でオリオンを嗜むこの時間が好き。

至福の美らタイムです。

中身汁味のポテトチップス。

中身汁は、豚の胃腸等の内臓を下煮して臭みを取り、更に鰹ダシで煮込んだ沖縄料理です。

とても手の込んだお料理で、主にお盆やお正月にいただくのだとか。

内臓系が苦手なので、なんとなく敬遠してしまい、まだ実際に食べたことはありません。

中身汁味のポテトチップスは美味しかったので、そのうち本物の中身汁も食べてみたいな。

二時間ほどのんびりした時間を過ごし、お昼寝から起きだした旦那と共に屋上へ向かいます。

屋上ジャグジーで夕焼けタイム!

貸切で利用することが出来るので、オリオン片手にお湯に浸かって、夕焼け空を独占。

ただし、ジャグジーは水着必須です。

建物は一応道路に面していますし、お庭やお隣のside.Bに人が出てきた場合は丸見えになっちゃうので。

水着を持って行かなかった場合は、バスタブに腰掛けて足湯を楽しむだけでも癒されそう。

あらかじめお湯が張られているので、そのまま利用するか、冷めていればお湯を注ぎ足して利用するのが無難です。

というのも私たちが屋上に行った際、張られたお湯が随分冷めていたので一度お湯を抜いて、再度張り直しをしてしまったんです。

お湯が溜まるのがめっちゃ遅い。

更には、水の蛇口が故障していてお湯のみの注ぎになってしまうので、めっちゃ熱い。


no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 遅い!遅い! 



no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 熱い!熱い! 




二人でギャーギャー騒ぎながら過ごす羽目になりました。

その間に日が沈んでいきます。

綺麗だなぁ。

旅の終盤を迎えつつある寂寥感もあり、なんだかしみじみした気持ちで夕日を堪能しました。

日が沈んだ後は、足湯に浸かってジャグジーをライトアップして楽しみます。

緑湯。

赤湯。

青湯。

紫湯。

黄湯。

夕日の時間も素敵ですが、辺りには遮る光が無いので星の時間も素敵でしょうね。

ジャグジーを堪能した後は、お宿のカフェで夜ごはんをいただきます。

和食と洋食が日替わりで交互に出されるとのことで、今日は洋食でした。

まずは、オリオンビールであっり乾杯!

前菜は左から島野菜のピクルス/島豆腐のカプレーゼ/宮古豚のディップパテ。

全て地に沿った食材で作られていて、訪れた旅行者としては何よりも嬉しい。

どれも美味しく、秒で完食してしまいました。
島野菜のピクルス以外はね!

私はゴーヤとパプリカが苦手なんですが、これ、ツートップが鎮座しているじゃないですか・・・。

なので、旦那にパス。

スープは島ニンジンのポタージュ。

島ニンジンは、この時期が旬の沖縄伝統野菜。
普通のニンジンよりも細長く黄色い形状をしています。

島の言葉では『チデークニ』と呼ばれていて、『チ』は黄色、『デークニ』は大根という意味なんですって。

大根?
ニンジンなのにね・・・。

魚料理はアカジンミーバイのアクアパッツァ。

二人で一皿をいただきました。

沖縄三大高級魚のひとつとされるアカジンミーバイは、淡白ながらも旨味が強い白身魚です。

アカジンミーバイの顔、アップ。

アカジンミーバイの歯、アップ。

沖縄三大高級魚の他のふたつは、アカマチとマクブーとのこと。

アカマチは訪沖の度にいただいていますが、マクブーはまだ食べたことが無いかも。

成長すると1mにもなる大きなお魚だそうで、面白いのはその性別。

生まれた時はどのマクブーもメスで、数年のうちに産卵をした後、生まれてから4〜5年でオスに変わるんですって。

しかも、メスの時の体は黄色で、オスになると青くなるんだそうです。

数年前に那覇の牧志市場で撮った写真に、マクブーが写っていました。

写真手前の黄色っぽいお魚が、メスマクブー。
写真奥の青いお魚が、オスマクブーです。

同じ種のお魚には見えませんよね。

マクブー、面白い!

続いてはワタリガニのパスタ。

蟹はもちろん、ソースも濃厚な逸品です。



no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 蟹ーっ!旨ーっ! 




見るのも食べるのも、旦那は蟹ならなんでも好きなようです。

丸ごと一匹の蟹が乗っているので、ホジホジするのに夢中で無言になってしまいました。

ホジホジした残骸。

この時点で、だいぶ満腹なのですが・・・

メインは、宮古牛!

言わずもがな絶品です。

柔らかくって肉々しくって、めっちゃ旨い。

無駄にアップで撮るくらい、めっちゃ旨い。

デザートは、なにかのカタラーナ。

黒糖のカタラーナとか、マンゴーのカタラーナとか、なにか沖縄らしいもののカタラーナだったと記憶しているのですが、それが何だったのかが思い出せません。

なんだったっけなぁ。

ともあれ、全て平らげて満腹です。

お部屋に戻ってひと休み。

旦那はベッドに寝転んでスマホをいじっているので、私はテラスに出て星空観賞。

ひとしきり空を仰いで部屋に入ると、スマホを片手に持った旦那が・・・


no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 ちょっと! 
 これ見て! 



no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 なーに? 




no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 ここ、間違ってる! 






no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 恥ずかしい! 




昨年このお宿に泊まった際の私のブログ、『宮古牛』と書くべき箇所が『宮古島』になっていました・・・。

今泊まっている宿が書かれている他の方のブログをその場で読むことが好きな旦那は、私のブログを読み直していて誤字を発見したみたい。

その場で即行直しました・・・。

お部屋に用意されたやちむんのペアカップが、上品で素敵。

やちむん巡りの沖縄旅もしてみたいなぁ。

と思いながらやちむんでビールを味わっていると、スマホを片手に持った旦那が・・・


no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 ちょっと! 
 これ見て! 



no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 なーに? 




no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 ウミガメ! 



no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 ??? 




宮古島を訪れた方の旅行記に、ウミガメを見れるスポットが紹介されていたんですって。

シュノーケルセットは持参しているので、明日そこへウミガメを見に行くことは可能です。

が、明後日は仙台に帰る日なのでゆっくりできるのは明日が最期。

着替えや洗濯等のアフターを考えると、出来ればシュノーケルは控えたいところだなぁ。


no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 ウミガメ・・・ 




諦めきれない様子の旦那。

ひとまず、どうするかは明日起きてから検討することにします。

7日目、就寝。


 前へ  
かこねの沖縄旅行記
  次へ 

▼ 人気の旅行記

 
2017年10月沖縄/本島
南部~北部、本島を縦横断
お気に入りのお宿を網羅する
宿めぐりの旅!
 
石垣島、竹富島、西表島
星のや竹富島 & イダの浜、
満喫旅!
 
本島、石垣、波照間、竹富
日本最南端の島で過ごす
年末年始の旅!


TOP