menu   profile   contact

2019年2月沖縄本島中部<2> ORRS(オールズ)

2019/02/17

*** 2日目 ***
【移動】那覇→コザ→北谷
【宿泊】ORRS(オールズ)

ザ・ナハテラスのチェックアウトは12:00まで可能なので、のんびりと朝寝を堪能できます。
 
が、私も旦那も睡眠欲より食欲の方が勝り、朝ごはんを求めて09:00過ぎに起き出しました。

 
 



ザ・ナハテラスの朝食

洋食「ファヌアン」か和食「真南風」、ホテル内にある2ヶ所のレストランから選べます。

私たちは洋食をチョイス。

遅い時間だったこともあり空いていたので、中庭を望む窓側の席に通してもらえました。

お天気が良い日は、中庭に用意されたテラス席で朝ごはんをいただくこともできるようです。

開放的なテラス席は、気持ち良いだろうなぁ。

ファヌアンの洋食朝ごはんは、コールドミールやサラダ&パンのビュッフェの他に、メインディッシュを数種類から選ぶことができました。

私は、島豆腐のパンケーキか卵料理のいずれかにしようと迷った末に、エッグベネディクト。

正式には、『2種類のエッグ・ベネディクト オランデースソースとトリュフソースで』です。




no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 2種類のエッグしか 
 意味分かんないけど 
 めっちゃ旨い! 




旦那は、タルティーヌか卵料理のいずれかにしようと迷った末に、目玉焼き。

正式には、『厚切りハムとバスク風ピペラード添え フライドエッグ』です。




no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 厚切りハムしか 
 意味分かんないけど 
 めっちゃ旨い! 




なんだかもう、ネーミングにカタカナが多ければ多いほど美味しい!という認識でオッケー。

最後に、『紅芋パンナコッタ』のデザートをいただいて、朝からお腹いっぱいになりました。

お部屋に戻ると、ドアに「沖縄タイムス」が。

沖縄に居るんだな〜という実感が湧くので、全国紙ではなく地方紙が用意されていて嬉しい。

新聞を読みながらテレビをつけると「ウチナー紀聞」なる面白そうな番組をやっていました。

毎週日曜日に放送している、沖縄の文化・歴史・自然・人を伝えるローカル番組です。

今日の番組テーマは『玉城朝薫と琉球芸能』。

玉城朝薫は琉球王国の劇作家だった人物で、琉球王朝文化の最高芸術とも言われる「組踊」という歌舞劇の創始者とのこと。

1719年に、首里城で初めて「組踊」が上演されてから、今年でちょうど300年なんですって。

番組のストーリーに絡めて、昔の沖縄の風景等を見ることもできて、地元の方だけではなく沖縄を訪れている旅行者も楽しめる番組でした。

これは伊江島の伊江城山かな?

伊江島タッチューの名で親しまれていて、本部半島を訪れると海越しによく目にする山です。

この番組、全国でも毎週見れたら良いのにな。

このままお部屋でのんびり過ごしていたいところですが、プロ野球バカの旦那がソワソワし始めたので12:00ちょっと前にチェックアウト。

早くプロ野球キャンプを見に行きたいみたい。

ザ・ナハテラスは、那覇の賑やかさを感じつつも、ゆっくりと落ち着いた時間を過ごせる素敵なホテルでした。

那覇の夜を楽しむには若干不便な立地ですが、ホテルステイを満喫するにはうってつけです。

泊港が近いので、慶良間諸島を訪れる際に前泊や後泊のホテルとして利用するのも良さそう。

館内に飾られているお花は、全て生花でした。

客室に添えられていた蘭も勿論生花でしたし、優雅にゆったりとした気持ちで過ごせたなぁ。

と、私が気取った感想を抱いていると・・・




no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 隠れシーサー発見! 





旦那が、エントランスロビーの階段下に佇んでいる、凛々しいシーサーを見つけました。

隠れ感はあまり無いような気もしますが、沖縄に到着した際に宣言した通り、今回の旅の道中で様々なシーサーを見つける気満々なようで。




巨人キャンプ
沖縄セルラースタジアム那覇

さて、今日は巨人のキャンプに向かいます。

キャンプ地は、那覇市の奥武山公園一角にある「沖縄セルラースタジアム那覇」です。

那覇市街を走るゆいレールの沿線にあり、沖縄で行われるプロ野球キャンプの中では、一番アクセスが良く訪れやすい場所かもしれません。

最寄駅はゆいレールの奥武山公園駅、又は壺川駅になりますが、問題はアクセスよりも荷物。

チェックアウトしてからスタジアムへ向かうので、スーツケースをどうするか悩みました。

当初はホテルに荷物を預けて、巨人キャンプの後にレンタカーを借り、後から荷物を取りに戻ろうかと考えていましたが、若干億劫・・・。

そこで、午後から車を借りる予定のレンタカー屋さんに電話をして伺ったところ、数時間であれば荷物だけを先に預かってくれるとのこと。

ラッキー!

スーツケースと共にタクシーに乗り込みます。

ザ・ナハテラスからセルラースタジアムまで、タクシーで10分程、1,000円強の距離でした。

今回利用するレンタカー屋さんは、奥武山公園の一角に店舗を構える『フジレンタカー』。

セルラースタジアムのお隣なので楽ちんです。

スタジアムの駐車場は満車で、周辺の道路は渋滞していましたし、近所のコンビニに無断駐車してしまった車は、スタジアム内の放送でナンバーを読み上げて移動を促されていました。

車で向かう場合は、朝早く訪れて駐車場を確保するか、離れた駐車場に車を停めてから徒歩やゆいレールで向かう方法が無難なようですね。

と、移動の話が長くなりましたが・・・。

今日は、巨人 vs DeNAの練習試合の日です。

試合開始前に到着し、まずは敷地を散策。
楽しめるイベントがたくさんありました。

美味しそうな食べ物が並ぶ、屋台の数々。

たっぷり朝ごはんを食べたお陰でお腹はまだ膨れていたので、ここはひとまずスルーします。

これは、「ジャビットボールパーク」。

子供から大人までバッティングやピッチングを楽しめるそうで、家族連れが並んでいました。

スタジアムの脇には室内練習場があり、選手たちがウォーミングアップをしているようです。

スタジアムと練習場を繋ぐ通路には、選手目当てのファンの方がたくさん集まっていました。

敷地の一角に作られた「めんそーれステージ」では、お笑いのイベントを開催しています。

吉本所属の芸人、プラス・マイナスですって。

知らない・・・とかなんとか言いながら、気付けば最初から最後まで観覧してしまいました。

沖縄ネタや野球ネタを絡めた漫才を披露していて、面白くって旦那と二人で爆笑しちゃった。

あちこちにフォトスポットがあって、野球や球団の知識がない私でも存分に楽しめましたよ。

ネーム入りのジャビット君キーホルダーを作れる機械に、浮かれて名前を打ち込んでみたり。

・・・買いませんでしたが。

さて。
だいぶ満喫したところで、ようやく球場内へ。

自由席なので、近くで観戦したい場合は早くに入場しなければなりませんが、試合開始直前に入っても中段から上は比較的空いていました。

混んでくると観戦エリアを広げてくれるので、途中入場でも座れないということはなさそう。



no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 お、亀井! 







no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 いけ、亀井! 







no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 あー、亀井! 





旦那が楽しむ横で、私はゆいレール待ち。

スタジアムの向こうにゆいレールの駅があり、走ってくる車両を眺めることができるんです。



no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 お、 
 ノーマル車両! 







no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 いけ、 
 ディズニー車両! 







no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 あー、 
 ジャイアンツ車両! 




観戦席を見渡すと、オレンジ色に身を包んだ巨人ファンから地元の方と思われる子連れのファミリー、泡盛片手に野次を飛ばしている愉快なオジーまで、様々な顔ぶれでした。

ベンチの様子を見ることもできて、面白い。

野球ファンじゃなくとも、十分楽しめます。




no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 お、丸!!! 





お、丸選手は私も知っています。

丸だ、長野だ、移籍だ、獲得だ、と旦那が一人でギャーギャー騒いでいたので。

フライヤーを撮り出したあたりで、私が飽きたことに旦那が気づいてくれたようで、巨人キャンプを後にすることにしました。

お腹も空いてきたしね。

この後、沖縄滞在中に他球団のキャンプにも訪れますが、一番最初に訪れた巨人のキャンプが一番賑やかだった気がします。

日曜ということもあり、人も多かったですし。

屋台の数やイベントの規模も、一番でした。

アクセスの良さもあるので、特定のファン球団は無いけれどプロ野球キャンプを楽しんでみたい!という場合は、巨人キャンプが良いかも。




沖縄そば ちらー小

セルラースタジアムを後にして、お隣の『フジレンタカー』でスーツケースをピックアップ。

そのまま、車で出発です。




no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 お昼ごはん、 
 なに食べたい? 




no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 沖縄そば! 





地元に居ても沖縄に居ても所構わず、ソバばっかり食べたがる安上がりな旦那でありがたい。

そういえば、美味しいと評判の『そば処 すーまぬめえ』が、この先の通り道にあったはず。

良い機会なので、すーまぬめえに向かいます。

・・・が。

道の狭い住宅地で営んでいるお店なので駐車場の数が少なく、満車で停められませんでした。

石垣の塀越しに生い茂っている緑と赤瓦屋根の家屋が素敵で、雰囲気の良さそうなお店です。

駐車場が空かないかとしばらくウロチョロしてみましたが、道が狭く待つことも難しそうなので、ここはまたの機会に再訪することに。

残念。



no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 そばにこだわらず、 
 入れそうなお店に 
 入っちゃおうか? 




とか今更言われても、口が既に沖縄そば待ち。
 
次の目的地であるコザに向かいながら、沖縄そば縛りで目に付いたお店に入ることにします。

やがて『識名そば』という看板が現れました。

通りから見えるお店の駐車場を確認すると、かろうじてラスト1台分だけ空いているみたい。

・・・が。

私たちが駐車場に入ろうとした直前に、反対側からやってきた車が先に停めてしまいました。

残念。

諦めて先に進んだところ、那覇IC手前の反対車線側に『ちらー小』という看板が現れました。

お店の名前は、ちらーぐゎーと読むとのこと。
小さい子、可愛い子という意味なんですって。

停まっている車の数は多いものの、駐車場の数も多いので、空いているスペースもちらほら。

レンタカーより地元ナンバーの車が多く、うちなーんちゅで賑わう昔ながらのお店なのかな。

休日のお昼は家族揃って、ちらー小!的なね。

謎コンセプトの何かが、やたら目につきます。

西海岸辺りのリゾートにある、海が見える絶景カフェとは対極に位置するようなこのセンス。

嫌いじゃない。

写真の女性が、ちらー小さんなのかなぁ?

券売機で支払いを済ませて、空いている席へ。

注文したのは、二人揃ってそばセットです。

三枚肉を乗せた沖縄そばに、じゅーしーと甘味のデザートが付いてきました。

おそばの丼には、フーチバーと呼ばれる沖縄ヨモギが添えられています。

沖縄そばの薬味として、フーチバーを自由に入れ放題のお店も多いようですね。

食券を渡す際に「ヨモギは入れますか?」とお店の方に聞かれたので、入れれるものは全部入れる欲張り精神で「はいっ!」と答えました。

が、これがまた抜群の破壊力。




no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 めっちゃ苦い! 




no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 めっちゃ苦い! 





私も旦那も苦手な葉の味で、食べられません。
申し訳なくも取り除いて残してしまいました。

折角入れていただいたのに、ごめんなさい。

フーチバー以外は、おそばもお肉もじゅーしーも、とっても美味しかったです。

お腹が満たされて、お店を出ると・・・




no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 隠れシーサー発見! 





隠れ感は少しも無いような気もしますが、本人が隠れだと喜んでいるのなら、まぁいっか。




広島キャンプ
コザしんきんスタジアム

さて、広島のキャンプに向かいます。

キャンプ地は、沖縄市のコザ運動公園一角にある「コザしんきんスタジアム」です。

那覇から高速バスや路線バスでスタジアム周辺まで行くこともできるようですが、便数が少なく自由が効かないのでレンタカー移動が無難。

沖縄自動車道の沖縄南ICを降りた目の前です。

高速を降りたら右車線に入って、交差点を右折すると、スムーズに駐車場へたどり着けます。

初めて訪れた際は、高速を降りて交差点を単純に直進したところ、駐車場にたどり着けずに周辺をウロウロする羽目に陥ってしまいました。

運動公園に隣接している駐車場は激混みで、朝早く行かないと停められないかもしれません。

私たちは日曜日と月曜日に述べ3回訪れましたが、いずれも隣接の駐車場には停められず、道路を挟んだ向かい側の駐車場を利用しました。

お、カープ仕様の自販機。

こっちにも。

根っから広島東洋カープ一筋の旦那は、嬉しいようで、ワクワクした顔で心なしか足早です。

良かったねー、楽しみだねー。

敷地には完売の広島お好み焼き屋の他に、おやつ的な屋台が一軒あるだけで、若干手薄感。

イベント等も、特に行われていませんでした。

その代わり、選手との距離が近い気がします。



no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 お、曽根! 



no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 どんな人? 




no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 背番号 00 







no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 お、鈴木! 



no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 どんな人? 




no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 広島の四番 







no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 お、田中! 



no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 どんな人? 




no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 広島の特攻隊長 







no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 お、廣瀬コーチ! 



no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 どんな人? 




no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 天才 







no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 お、菊池! 



no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 どんな人? 




no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 忍者 







no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 お、山田コーチ! 



no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 どんな人? 




no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 息子が俳優 







no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 お、松山! 



no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 どんな人? 




no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 アンパンマン 







no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 お、フランスア! 



no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 どんな人? 




no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 と思ったら、
 名物通訳の 
 クレートだった 





ごめんなさい、誰一人として分かりません。
旦那のコメントもあまり参考になりません。

忍者とかアンパンマンとか出てきたし・・・。

野良猫を撮り出したあたりで、私が飽きたことに旦那が気づいてくれたようで、広島キャンプを後にすることにしました。

目付きが悪いけど、ムックリしていて可愛い。

今日は選手が練習している姿を見る時間があまりなかったので、広島キャンプは明日も訪れることにします。

本日のお宿は北谷町にある宮城海岸エリア。

砂辺と呼ばれる地区で、コザしんきんスタジアムから15分の距離です。




  ORRS(オールズ)
洋服のセレクトショップに併設された、一部屋のみのお洒落なプライベートホテル。

アパレル業界に長く勤めるオーナーさんが、2016年にオープンさせたシンプルな一軒です。

チェックインの手続きは、ショップにて。

洋服の他にやちむんや雑貨も取り扱っており、店内にはオーナーさんのセンスがぎっしり詰まった品々があれこれ並んでいました。

客室は、一旦ショップの外に出たお隣。

建物自体はショップと繋がっています。

ここがお宿だなんて想像できないですよね。

ショップの様なドアを開けると、シンプルで素敵な空間が広がっていました。

外国のお家にありそうな、キングベッド!

と思ったら、元々は米軍基地内のアメリカンなお宅で実際に使われていたものなんですって。

サータのマットレスです。

寝るのが楽しみ!

ベッドの向こうの扉を開けると、バスルーム。

一見すると使い勝手があまり良くなさそうに思えましたが、実際に使うと動線も良く、不便さはありませんでした。

私が室内の写真を撮っている間に、旦那は既に部屋着に着替えて寝の態勢です。




no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 旦那の 
 お布団チェック! 





ものの数分で旦那の寝息が聞こえてきたので、ORRSのお布団は寝心地抜群みたい。

旦那のお布団チェックの横で、恒例・かこねのオリオンタイム。




夕暮れの宮城海岸散歩

1時間ほどダラダラ過ごした後に、夜ごはんがてら宮城海岸へお散歩に繰り出しました。




no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 隠れシーサー発見! 





本当だ。

お部屋のドアを出た先に、小さなシーサーが。

白壁と同じ色合いで、ドアを開けた死角にあるので、言われなかったら気付かなかったかも。

そして、道路に出る手前に隠れ屋号を発見。

いちいちお洒落か。

お宿を出て1〜2分歩くと、宮城海岸です。

お天気が残念ですが、海沿いをのんびりお散歩するのにとても良い環境。

時折、物凄い音で戦闘機やジャンボ機が頭上を飛び交って行きますが・・・。

遊歩道には人通りが少ないのですが、海岸沿いの道路には車がたくさん停まっています。

誰の車だろう?と不思議に思っていたら、どうやらサーフィンを楽しんでいる人の車みたい。

海を見ると、たくさんサーファーがいました。




no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 あの人、上手いね! 




no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 あの人、 
 ビビリっぽいね! 







no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 あの人、凄いね! 




no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 あの人、 
 目立ちたがるね! 




サーフィンの知識も経験もありませんが、見ているのはとても楽しく、しばらく海とサーファーを眺めて過ごしました。

向こう側には、アメリカンビレッジの灯り。

5日目の夜はあの辺りのエリアに泊まる予定なので、今日はこちら側を楽しむことにします。

海岸沿いや一本入った通りには、カフェやレストラン、サーフショップ等が点在していて、どこもお洒落な雰囲気です。

この辺りは、暮らすのに良さそうだなぁ。

スーパーやドラッグストア等のお店も徒歩圏内にあり、日常のお買い物にも困らなそう。

ここはひとつ、雰囲気だけでも暮らしている気分に浸りたくなり、夜ごはんはスーパーで買い出しをして、お宿でいただくことにします。

食べ物とビールを買って帰る途中、お宿のすぐ近くに素敵な雰囲気のお店を発見しました。

しまった、ここで夜ごはんでも良かったかも。
またの機会の候補にしようっと。




お籠もり夜ごはん

さて、買い出ししたものはと言えば・・・。




no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 沖縄感ない 




no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 いいの、 
 私お寿司好きだから 








no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 沖縄感ない 




no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 いいの、 
 俺ピザ好きだから 








no-img2″><br />
<figcaption class=
旦那


 沖縄感あるね 




no-img2″><br />
<figcaption class=
かこね


 タコライスは 
 沖縄発祥だもんね 





それにしても、見事に炭水化物フェス。

でもまぁ、ウチナーアメリカンを感じられるジャンク具合なので、これもまた良しとします。

沖縄ローカルのテレビ番組を見ながら夜ごはんを食べ、お部屋のラックに置いてあった沖縄ローカルの雑誌を読みながらオリオンを飲み。

とてもゆったりとした時間を過ごしました。

旅先のお宿にて、至福のお籠もり美らタイム!

明日は、読谷の中日二軍キャンプと今日訪れたコザの広島キャンプを再び見に行く予定です。

中日二軍には、唯一私が知っていて、かつ大好きな小笠原監督が居るので楽しみやいびーん。

と、ウチナーグチで言っちゃうくらい楽しみ!


2日目、就寝。

 前へ  
かこねの沖縄旅行記
  次へ 

TOP